誕生日データベース

彦坂直人ひこさかなおと

囲碁棋士[日本]

彦坂直人(ひこさか なおと、昭和37年(1962年)3月17日-)は、囲碁の棋士 (囲碁) 棋士。
日本棋院#中部総本部 日本棋院中部総本部所属、九段。
名古屋市出身、酒井利雄八段門下。
十段 (囲碁) 十段1期など。
中央を重視する奔放な碁風。

1974年に酒井七段に入門。
1976年初段。
1982年、留園杯争奪戦(非公式戦)優勝。
1983年、六段21歳で天元戦挑戦者決定戦に進出、淡路修三と対戦するが、36手目の見損じにより43手投了で敗れる。
1992年九段。
1996年に本因坊リーグ入りし、4期残留。
1998年に十段戦で、敗者戦トーナメントを勝ち進み、挑戦者決定戦で趙治勲を破りタイトル初挑戦。
挑戦手合5番勝負で加藤正夫に3-2で勝利し、中部総本部では羽根泰正以来のタイトル獲得となった。
翌年は小林光一に0-3で敗れる。
1998年には世界囲碁選手権富士通杯ではチョ薫鉉 曺薫鉉らを破るが、準決勝で李昌鎬、3位決定戦で劉昌赫に敗れ4位。
1999年に棋聖戦挑戦者決定戦に進出するが、王立誠に0-2で敗れる。
同年の本因坊戦リーグでは5勝2敗の成績でプレーオフ進出するが、趙善津に敗れた。

■ 関連書籍

タイトル
囲碁名局年鑑〈2000〉
著者
発売元
平凡社
発売日
2000-03
新品価格
より
中古商品
¥ 590 より
連想語句
囲碁タイトル棋士中部受賞本部世界名古屋市天元富士通日本棋院棋歴棋道淡路修三選手権酒井トーナメントリーグ中央争奪優勝優秀入門八段公式出身初段利雄史上在位奔放対戦所属投了挑戦者敗者日本本因坊残留段位決定獲得者留園碁風進出重視門下

↑ PAGE TOP