誕生日データベース

小尾信弥おびしんや

物理学者[日本]

1925年 3月17日

『小尾信彌』より : 小尾 信彌(おび しんや、1925年3月17日 - 2014年9月28日)は、日本の天文学者。
専門は、天体物理学。
東京府(現・東京都)出身。
萩原雄祐の弟子だが、同じく萩原門下で小尾の兄弟子にあたる畑中武夫にも師事した。
東大理学部天文学科卒業後、技官として東京天文台(現・国立天文台)で活動していたことからもわかるように、戦後の東京天文台における観測装置復旧の最初期の技術者でもあった。
そのことから、萩原雄祐から習った天体物理学のみならず、畑中武夫の観測装置開発手法を学んだ。
どちらかと云えば、研究者としてより、教育者として知られ、そのため多くの啓蒙書を翻訳または著述し多くの天文家に親しまれている研究者でもある。
天文学者の村山定男とは小学校時代の同級生である。
2014年に老衰で死去。
1946年:東京帝国大学理学部天文学科卒業。
1947年:東京大学理学部助手。
1950年:東京大学東京天文台技官となる。
1953年:東京大学教養学部助教授に就任。
1956年:理学博士号を取得。
1958年:アメリカ空軍ケンブリッジ研究所の研究員となる。

■ 関連書籍

連想語句
  • 天文台
  • 東京
  • 訳書
  • 天体
  • 物理学
  • 畑中武夫
  • 萩原雄祐
  • 共著
  • 出典
  • 単著
  • 国立
  • 天文学
  • 東京都
  • 業績
  • 編著
  • 著書
  • 装置
  • 観測
  • どちらか
  • 兄弟子
  • 出身
  • 初期
  • 卒業
  • 小尾
  • 師事
  • 弟子
  • 復旧
  • 戦後
  • 手法
  • 技官
  • 技術者
  • 東大
  • 活動
  • 理学部
  • 萩原
  • 門下
  • 開発