誕生日データベース

荒井郁之助あらいいくのすけ

幕臣、官僚、初代中央気象台長[日本]

(天保7年4月29日生)

1836年 5月26日

1909年 7月19日 死去糖尿病享年74歳
荒井郁之助 - ウィキペディアより引用
荒井 郁之助(あらい いくのすけ、天保7年4月29日(1836年6月12日) - 明治42年(1909年)7月19日)は、江戸時代末期(幕末)の幕臣。
明治期の官僚。
初代中央気象台長。
幼名は幾之助。
諱は顕徳(あきのり)、後に顕理(あきよし)とした。
従五位。
出生から修養時代 天保7年(1836年)4月29日、江戸・湯島天神下上手代町(東京都文京区)の組屋敷に生まれる。
父は幕府御家人で後年に関東郡代付の代官を務めた荒井清兵衛(顕道)で、郁之助は長男。
幼名は「幾之助」で、祖父・荒井清兵衛(顕徳)の幼名にちなむ。
荒井家は幕府の御家人で、代々小普請方を務めている家柄。
郁之助出生時の荒井家には曾祖母・祖父母・二人の叔父(成瀬善四郎・矢田堀景蔵)、一人の叔母が同居する大家族であった。
7歳より隣家に住む六笠弘太郎や叔父の矢田堀景蔵(鴻)を師として漢学・儒学を学び、素読を始める。
8歳で昌平坂学問所勤番組の内山孝太郎に入門し、内山の私宅で素読を行う。
郁之助は素読を嫌い、13歳で素読吟味を済ませたという。
14歳で湯島の昌平坂学問所に入学する。

■ 関連書籍

連想語句
  • 修養
  • 出生
  • 時代
  • 出仕
  • 中央
  • 人柄
  • 出典
  • 幕府
  • 幕末
  • 幕臣
  • 幼名
  • 戊辰
  • 戦争
  • 晩年
  • 栄典
  • 気象
  • 開拓使
  • 関係者
  • あきのり
  • あきよし
  • 初代
  • 官僚
  • 幾之助
  • 明治期
  • 末期
  • 江戸時代
  • 顕徳