生年月日データベース

ベルナルド・ベルトルッチBernardo Bertlucci

映画監督[イタリア]

1941年 3月16日 生 (満77歳)

ベルナルド・ベルトルッチ - ウィキペディアより引用

ベルナルド・ベルトルッチ (Bernardo Bertolucci, 1941年3月16日 - ) は、イタリアの映画監督。
日本語では慣用的にベルトリッチと表記される場合もある。
1941年3月16日、パルマで生まれる。
父は詩人、母は教師。
父の影響を受け、15歳で詩や小説の執筆を始め、いくつかの文学賞を受賞する。
ローマ大学在学中の1961年にはピエル・パオロ・パゾリーニ監督のデビュー作『アッカトーネ』の助監督を務めた。
翌1962年にローマ大学を中退すると、パゾリーニの原案を元にした長編『殺し』を発表し、映画監督としてデビュー。
1964年に発表した2作目『革命前夜』はコミュニストであることを公言する22歳の青年を主人公にしたベルトルッチの自伝的作品と言われている。
同作は第17回カンヌ国際映画祭では批評家週間部門に出品され、新評論家賞を受賞した。
1970年、イタリアにおけるファシズムの台頭と崩壊を描いた『暗殺の森』を発表。
全米映画批評家協会賞の監督賞を受賞するなど高く評価された。
1972年、マーロン・ブランドとマリア・シュナイダーを起用して製作した『ラストタンゴ・イン・パリ』を発表。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

Bernardo Bertolucci 監督、脚本家、プロデューサー 1940年3月16日、イタリア/エミリア=ロマーニャ州パルマ生まれ 身長:179 cm (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 監督
  • ローマ
  • 大学
  • パゾリーニ
  • 作品
  • カンヌ国際映画祭
  • コミュニスト
  • パオロ
  • パルマ
  • ピエル
  • 映画
  • 発表
  • いくつか
  • アッカトーネ
  • デビュー
  • デビュー作
  • ベルトルッチ
  • 中退
  • 主人公
  • 公言
  • 出品
  • 前夜
  • 助監督
  • 原案
  • 受賞
  • 在学
  • 執筆
  • 小説
  • 影響
  • 批評家
  • 教師
  • 文学
  • 詩人
  • 週間
  • 部門
  • 長編
  • 青年
  • 革命