誕生日データベース

武豊たけゆたか

競馬騎手[日本]

1969年 3月15日

武豊 - ウィキペディアより引用

武 豊 (たけ ゆたか、1969年(昭和44年)3月15日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) の騎手である。
曽祖父の彦七は函館大経の弟子で、祖父芳彦は馬主協会元会長、現役騎手邦彦、の三男として生まれる京都府で生まれるものの、すぐ現在の栗東市へ引っ越す。
なお、四男の幸四郎も騎手である。
10歳の時乗馬を始める。
栗東市立金勝小学校・栗東市立栗東中学校を経て1984年(昭和59年)JRA競馬学校入学。
1987年(昭和62年)3月1日、アグネスディクターに騎乗し、騎手デビューを果たす。
同3月7日、ダイナビショップで初勝利。
1988年(昭和63年)菊花賞をスーパークリークで制しG1初勝利。
2010年 (平成22年) 4月12日に日本騎手クラブの東西役員総会で柴田善臣の後任として会長に選出、同年9月に会長へ就任した。
ダービージョッキーとして 日本競馬界において頂点の競走として位置付けられている東京優駿(日本ダービー)では5勝を挙げており、歴代最多。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

JRA騎手。栗東トレーニングセンター所属。フリー。 武邦彦調教師は実父。JRA騎手の武幸四郎は実弟。1995年にタレントの佐野量子と結婚している。 1969年3月15日滋賀県生まれ。史上初・史上最年少・史上最速などデビュー以来数々の輝かしい記録を打ち立て続け、現在は中央競馬随一の名騎手として確固たる地位を築いている。1987年に武田作十郎?厩舎からデビューし初騎乗。その年69勝をあげ新人騎手の最多勝記録を更新。JRA新人騎手賞を獲得。1988年スーパークリークで菊花賞を制覇し、19歳8ヶ月の史上最年少GI優勝記録を更新(ともに現在も未更新)。1991年JRA通算500勝、1996年JRA通算1000勝をいずれも史上最速、最年少で達成。2002年12月7日の阪神競馬場にてJRA新記録、世界でもタイレコードとなる1日8勝を記録。2007年7月21日、武豊騎手は小倉競馬第12レースでヒシワンスモア?に騎乗し優勝。この勝利でJRAにおける通算勝利数を2944勝として、岡部幸雄元騎手の持つ2943勝(18591戦目、デビューから37年10か月)のJRA歴代最多勝利記録を更新した。これはデビューから20年4か月、14104回目の騎乗での記録。2007年11月3日に前人未踏のJRA通算3000勝を達成、2008年6月15日にJRA通算3100勝を達成した。同日時点での重賞勝利はGI・61勝を含むJRA重賞253勝。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 記録
  • 騎手
  • 歴代
  • ジョッキー
  • 出演
  • 成績
  • 最多
  • 競走
  • 勝利
  • エピソード
  • ダービー
  • テレビ
  • リーディング
  • 大賞
  • 年度
  • 年表
  • 招待
  • 獲得
  • 競馬
  • 連載
  • 保持
  • 全国
  • 地方
  • 数々
  • 最多勝
  • 海外
  • 通算
  • 騎乗