誕生日データベース

山本嘉次郎やまもとかじろう

映画監督俳優脚本家[日本]

1902年 3月15日

1974年 9月21日 死去享年73歳
山本嘉次郎 - ウィキペディアより引用

山本 嘉次郎(やまもと かじろう、1902年3月15日 - 1974年9月21日)は、日本の映画監督、俳優、脚本家、随筆家である。
脚本を書く際や、俳優としてデビューした当初は、平戸延介、平田延介名義を使用することも多かった。
東京市銀座采女町で生まれる。
父親は天狗煙草の総支配人であった。
慶應義塾大学卒業後の1920年に『真夏の夜の夢』で岡田嘉子と共演して俳優デビューする。
しかし、それが原因で親から勘当され、その手切金で「無名映画協会」を設立し、自ら出演した。
その後、日活に入社して助監督を務めるかたわら脚本も書き、田坂具隆監督の『春と娘』(1932年、初のアフレコによる全発声映画として有名)の脚本などをてがけた。
関東大震災後には関西で結成された「早川プロダクション」で『熱火の十字路』で監督をする。
後、PCLでエノケン映画を数多く監督。
中でも『エノケンのどんぐり頓兵衛』(1936年)『エノケンのちゃっきり金太』(1937年)は、エノケンの持ち味の音楽ギャグを生かした、数あるエノケン映画の中でも屈指の傑作と言われている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

やまもとかじろう [生]1902.3.15.東京[没]1973.9.21.東京映画監督。慶應義塾大学中退後,新劇や映画の俳優,脚本家などの経験を積み,1932年日活に入り『細君新戦術』で監督になる。のちPCL(東宝の前身)に転じ,ミュージカル物,エノケン喜劇,メロドラマなど幅広いジャンルに器用さを発揮する一方,『綴方教室』(1938),『馬』(41)などの秀作で映画作家としての地位を築く。第2次世界大戦後は娯楽作品を発表するかたわら,ラジオやテレビ番組でレギュラーとして活躍した。おもな作品に『坊っちゃん』(35),『ハワイ・マレー沖海戦』(42)などがある。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 俳優
  • 監督
  • デビュー
  • 出演
  • 協会
  • 岡田嘉子
  • 延介
  • 慶應義塾大学
  • 日活
  • 映画
  • 東京
  • 無名
  • 田坂具隆
  • 真夏
  • 脚本
  • 脚本家
  • 著書
  • 銀座
  • 関連
  • かたわら
  • 使用
  • 入社
  • 共演
  • 出演作
  • 助監督
  • 勘当
  • 卒業
  • 原因
  • 名義
  • 天狗
  • 平戸
  • 平田
  • 当初
  • 手切金
  • 煙草
  • 父親
  • 総支配人
  • 自ら
  • 設立
  • 采女
  • 随筆家