生年月日データベース

吉田孝行よしだたかゆき

男子サッカー選手[日本]

1977年 3月14日

吉田 孝行(よしだ たかゆき、1977年3月14日 - )は兵庫県川西市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者。
現役時代のポジションはFW。
滝川第二高等学校時代には日本で開催されたFIFA U-17世界選手権(1993年)に中田英寿、宮本恒靖、松田直樹と共に出場。
高等学校卒業後、横浜フリューゲルスに入団。
当時のシルバ監督が積極的に若手を起用していたこともあり、一年目から試合出場のチャンスを得て、フリューゲルス時代は95試合に出場し、21得点を挙げた。
1998年に横浜マリノスとの合併によるチーム消滅に伴い、横浜F・マリノスに移籍。
なお、フリューゲルス最後の試合となった1999年元日の天皇杯決勝で試合を決める得点を挙げている。
横浜F・マリノスでは、なかなか出番に恵まれず、2000年途中に大分トリニータに移籍。
大分ではキャプテンを任されJ1昇格に貢献。
ここで現在のような中盤のフリースタイラーとしてのプレースタイルを確立する。
大分で中心選手として活躍していたが、古巣の横浜FMからオファーを受け2006年に完全移籍で6年ぶりに復帰。

■ 映像作品

■ 関連書籍

元サッカー選手。現役時代のポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 1977年3月14日生まれ。兵庫県出身。身長174cm、体重67kg。 1993年FIFA U-17世界選手権に、中田英寿、宮本恒靖、松田直樹らと共にU-17日本代表の一員として出場。 元々は裏への鋭い飛び出しと高いシュート精度を持ち味とするFWだったが、大分がJ1に昇格して以降はチーム事情からほとんどの試合でMFとして出場していた。 小林伸二、ハン・ベルガー、ファンボ・カン各監督の時代には主に左右両サイド、シャムスカ監督就任後にはトップ下として起用され、時にはボランチまでこなした。 スタミナ・キープ力・ドリブル・守備意識の高さ・・・と、どれを取ってもピカイチで、大分にとって欠かせない存在としてキャプテンも務めていたが、オファーを受け2006年シーズンから横浜F・マリノスに移籍。 2008年からは神戸でプレーし、そのユーティリティ性を存分に発揮して活躍している。 2013年シーズン終了後に現役引退、ヴィッセル神戸アンバサダーに就任した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 個人
  • サッカー
  • 学校
  • 横浜
  • 高等
  • クラブ
  • タイトル
  • フォワード
  • フリューゲルス
  • リーグ
  • ヴィッセル神戸
  • 中田英寿
  • 宮本恒靖
  • 成績
  • 所属
  • 指導
  • 日本
  • 時代
  • 松田直樹
  • 滝川
  • 監督
  • 関連
  • プロ
  • ポジション
  • ワールドカップ
  • 世界選手権
  • 入団
  • 出場
  • 卒業
  • 当時
  • 指導者
  • 現役
  • 開催