生年月日データベース

鈴木さえ子すずきさえこ

ミュージシャン[日本]

1957年 3月14日

鈴木 さえ子 (すずき さえこ、1957年3月14日 - )は、日本の作曲家、ドラマー。
1980年にシネマのドラマーとしてデビュー。
印象派に強い影響を受けたソングライティングが特徴で、ソロ3作目のアルバム『緑の法則』(1985年)以降、ロック印象派を、近年はテクノ印象派と自称する。
元夫はミュージシャンの鈴木慶一。
〜1982 東京・国立市生。
子供の頃からクラシックピアノを弾いていた彼女のドラムとの出会いは比較的遅く、高校2年の時。
桐朋学園大学短期大学部芸術科ピアノ専攻(現桐朋学園芸術短期大学)に進むが、在学中から青山学院大学の軽音楽部に顔を出すようになる。
大学卒業と前後して青学のガールズバンド"メデューサ"に加入、プロとしてのキャリアをスタートさせる。
しかし、「女性だけのバンド」への偏見が残っていた時代、雑誌の取材でも「メス猫ロック」と形容されるなど、メデューサは不遇なままデビューすることなく解散。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ミュージシャン 1957年3月14日東京国立生まれ。79年「シネマ」にドラマーとして参加。83年に「毎日がクリスマスだったら」でソロデビュー。 ムーンライダーズ鈴木慶一と公私にわたるパートナーシップで、以後 ・科学と神秘 84年 ・緑の法則 85年 など80年代叙情少女系ひねくれポップのミューズとしてプチ君臨したが、その後、鈴木慶一とは離婚。 90年代以降、表立った音楽活動は無かったが、2003年10月、盟友・松尾清憲のライブで復活。 尚、CM音楽製作は当時から現在も続いており、『日清チキンラーメン』(♪すぐおいし〜すごくおいし〜)は、もはや国民歌謡。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 参加
  • 提供
  • 楽曲
  • 歌手
  • アルバム
  • アーティスト
  • グラフィー
  • コンピレーション
  • シングル
  • テレビ
  • ディスコ
  • バンド
  • ライブ
  • リーダー
  • 企画
  • 作品
  • 映画
  • 概要
  • 番組
  • 佐江子
  • 別人
  • 鈴木