生年月日データベース

方倉陽二かたくらようじ

漫画[日本]

1949年 3月14日

方倉 陽二(かたくら ようじ、1949年3月14日 - 1997年4月8日)は、日本の漫画家。
大分県豊後高田市出身。
1960年代後半の『COM』誌の投稿漫画で早くも漫画ファンの注目を浴びる。
藤子不二雄のアシスタントを務めた後、1976年「アカンベー」(『小学一年生』)でデビュー。
代表作に『のんきくん』、アニメ化された『まじかるハット』など。
藤子スタジオの在籍期間が長く、チーフアシスタントも務めた。
『ドラえもん百科』等『ドラえもん』関連の作品も多い。
藤子不二雄からの信頼も厚かった。
また、「方倉(カタクラ、もしくは片倉)」という名前は藤子不二雄作品の中で人物や看板などの名前にも使用されている。
学習漫画なども手がけているが、数学の監修者が用意してくれた資料が不要なほど数学の知識があった。
1997年4月8日、くも膜下出血で死去。
享年48。
1996年9月に他界していた藤子・F・不二雄の伝記漫画を描く予定があった。
方倉が死去したため、伝記漫画はさいとうはるおが代役を務め上梓された。
2013年9月3日から2014年3月14日まで、故郷の豊後高田市で、初の原画展となる「方倉陽二マンガ原画展」が開催された。

■ 関連書籍

連想語句
  • 漫画
  • アカンベー
  • アシスタント
  • 作品
  • 大分県
  • 大学
  • 投稿
  • 方倉
  • 日本
  • 漫画家
  • 目録
  • 藤子不二雄
  • 設定
  • 豊後高田市
  • ファン
  • 上京
  • 事情
  • 仲間
  • 入会
  • 入試
  • 出身
  • 卒業
  • 合格
  • 同好会
  • 家庭
  • 注目
  • 独立
  • 進学
  • 雑誌
  • 高校