生年月日データベース

中沢啓治なかざわけいじ

漫画[日本]

1939年 3月14日

中沢啓治 - ウィキペディアより引用

中沢 啓治(なかざわ けいじ、本名同じ。
1939年(昭和14年)3月14日 - 2012年(平成24年)12月19日)は、日本の漫画家。
代表作に『はだしのゲン』等、広島市への原子爆弾投下による自身の被爆体験を元に、戦争・平和を題材とした作品を数多く発表している。
生涯 代々漆塗りを生業としていた家に、4男1女の5人きょうだいの下から2番目として出生した。
広島県広島市舟入本町(現在の広島市中区舟入本町)に生まれ育つ。
父は日本画家、蒔絵師で、演劇活動にも参加。
反戦主義者のため、思想犯として特別高等警察により連行され1年2ヶ月拘置。
拷問を受けた人物だったという。
1945年(昭和20年)8月6日、広島市立神崎国民学校(現在の広島市立神崎小学校)1年生だった時に広島で被爆した。
友達の母親に呼び止められて自身は建物の塀の影に入って熱線を浴びずに奇跡的に助かるが、父、姉、末弟の3人を失った。
次いで原爆投下当日に生まれた妹も4ヶ月半後に死亡。
これらは『はだしのゲン』の原爆投下時のエピソードとほぼ同じである。
終戦後に手塚治虫の『新宝島』を読んで感動し、漫画を描き始める。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

マンガ家。1939年3月14日、広島市生まれ。45年8月6日、小学1年生の時、爆心地から約1.2キロメートル離れた学校への登校途中に被爆。父、姉、弟、妹を亡くす。61年に上京し、数年後にデビュー。66年に母が原爆症で死去したのを機に、原爆を題材とした初めてのマンガ「黒い雨にうたれて」を68年に発表。73年より「はだしのゲン」連載を週刊少年ジャンプで開始、国内外で評価される代表作となり、単行本、文庫本などを含めた累計発行部数は1000万部を超える。実写・アニメ映画、テレビドラマ化などへも広がりをみせ、政治的・教育的価値の大きな作品となっている。2009年、マンガ家引退を表明。12年12月25日、肺がんのため死去。享年73。 (2012-12-25) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 戦争
  • 映画
  • はだし
  • ゲン
  • テレビ
  • 出典
  • 出演
  • 原子爆弾
  • 原爆
  • 平和
  • 広島市
  • 思想
  • 投下
  • 日本
  • 映像
  • 注釈
  • 漫画
  • 漫画家
  • 生涯
  • 絵本
  • 著書
  • 関係
  • 代表作
  • 体験
  • 発表
  • 自身
  • 被爆
  • 題材