誕生日データベース

原笙子はらしょうこ

日本舞楽家[日本]

1933年 3月14日

原 笙子(はら しょうこ、1933年3月14日 - 2005年10月7日)は、舞楽家。
原笙子はペンネーム。
ロシア語の「ハラショー(Xopoшo)」から。
1957年、日本で唯一の女人舞楽を担う「京都舞楽会」を立ち上げ、男性中心の舞楽界に新風を吹き込んだ。
1978年、家出を繰り返した波乱の少女時代などをつづった『不良少女とよばれて』を出版。
ベストセラーになりテレビドラマ化された(テレビドラマの内容はかなり脚色され、著書とはかなりの隔たりがあった)。
1985年、兵庫県芦屋市において女人舞楽の会「原笙会」を設立。
日本はもとより世界各国にて公演活動を行う。
2005年10月7日、急性骨髄性白血病のため死去。
享年72。
著書 山羊の目の先生(1982年11月・筑摩書房) 不良少女とよばれて(1984年1月・筑摩書房)ISBN 4480811796 女人舞楽―不良少女と呼ばれたけれど(1994年6月・エビック)ISBN 4915197395 やっぱり「不良」でした(上)(2005年7月・文芸社)ISBN 4286000788 やっぱり「不良」でした(下)(2005年7月・文芸社)ISBN 4286000796 外部リンク 女人舞楽 原笙会(現在は原笙子の夫が代表を務める)。

■ 関連書籍

連想語句
  • 舞楽
  • 著書
  • かなり
  • テレビドラマ
  • 不良
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 女人
  • 少女
  • 急性
  • 日本
  • 日本テレビ
  • 白血病
  • 芦屋市
  • 骨髄性
  • ベストセラー
  • 世界
  • 中心
  • 享年
  • 京都
  • 公演
  • 出版
  • 出身
  • 各国
  • 唯一
  • 家出
  • 少女時代
  • 新風
  • 死去
  • 波乱
  • 活動
  • 男性
  • 脚色
  • 設立