生年月日データベース

クインシー・ジョーンズQuincy Delight Jones

作曲家、音楽プロデューサー[アメリカ]

1933年 3月14日 生 (満85歳)

クインシー・ジョーンズ - ウィキペディアより引用

クインシー・ディライト・ジョーンズ二世(Quincy Delight Jones II、1933年3月14日 - )は、アメリカ合衆国の音楽プロデューサー、作曲家。
1950年代から第一線で活躍を続け、グラミー賞をはじめとする音楽賞を多数受賞している。
ブラックミュージック界のみならず、アメリカのポピュラー音楽界における偉人の一人である。
また、米FOXテレビの人気コメディ番組MADtvの製作総指揮も担当している。
イリノイ州シカゴ出身。
少年時代にトランペットを学ぶ。
10歳の頃にワシントン州に転居。
そこで盲目のピアノ・プレーヤーの少年レイ・チャールズと知り合い、ともにバンド活動を始める。
1951年、バークリー音楽大学を卒業後、トランペット・プレーヤーとしてライオネル・ハンプトン楽団に参加。
そこでアレンジャーとしての才能を見出され、カウント・ベイシー、デューク・エリントン、サラ・ヴォーンらジャズ界のスターのアレンジを手がけるようになった。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

の言及 【ジャズ】より …サックス)らは相次いで電気楽器と複合リズムを取り入れたグループ活動を開始した。またマイルス・グループの外側にあって,これに触発された優れた音楽家クインシー・ジョーンズQuincyD.Jones(1933‐)は,リズムを中核とした演奏に新しい方向を見いだし,のち〈ブラック・コンテンポラリーblackcontemporarymusic〉と呼ばれる黒人色の強いポピュラー音楽を開拓した。一括してフュージョンと呼ばれたこれらの新しい〈ジャズ〉は,黒人のリズム感覚を大幅に取り入れ,8ビート,16ビートといったリズムを中心に,電気楽器とアコースティック(非電化)楽器のブレンドによって,ひろくアピールしたが,よほどの新機軸がない限りマンネリ化は避けられない。… ※「クインシー・ジョーンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 音楽
  • 映画
  • テレビ
  • 担当
  • グラフィ
  • グラミー賞
  • ソロ
  • テレビドラマ
  • ディスコ
  • ブラック
  • プロデューサー
  • ミュージック
  • 作曲家
  • 公演
  • 家族
  • 抜粋
  • 日本
  • 活動
  • 編曲
  • 関連
  • アメリカ
  • コメディ
  • フォックス
  • ポピュラー
  • 一人
  • 人気
  • 受賞
  • 多数
  • 放送
  • 活躍
  • 番組
  • 総指揮
  • 編曲家
  • 著名人
  • 製作