生年月日データベース

芦田伸介あしだしんすけ

俳優[日本]

1917年 3月14日

芦田 伸介(あしだ しんすけ、1917年3月14日 - 1999年1月9日)は、日本の俳優。
本名は蘆田 義道(あしだ よしみち)。
満州で演劇活動に加わり、敗戦の引き揚げ後に劇団民藝に入団。
1950年代からは日活のアクション映画に常連出演し、舞台を中心に映画・テレビドラマと幅広く活躍した。
渋い演技に定評があり、ドラマ『七人の刑事』『氷点』の演技で人気を得た。
著書に自伝『ほろにがき日々』など。
妻は元タカラジェンヌの香久美ひかる(本名:石川明子)。
娘婿は俳優の松山英太郎、孫は女優の由夏と俳優の芦田昌太郎。
来歴・人物 1917年(大正6年)3月14日、島根県松江市に生まれる。
生家は松江藩の典医や剣術指南役を務めた家柄で、父は剣道教師だった。
松江商業学校(現在の島根県立松江商業高等学校)を経て、東京外国語学校のマレー語学科に入学する。
1937年(昭和12年)、学校を中退して満州に渡り、大連で『ワーニャ伯父』の舞台を観て新劇の世界を志す。
満州電業に勤める傍ら新京放送劇団に加わり、やがて劇団仲間の森繁久彌らと放送劇団・コッコ座を結成する。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

1917年3月14日 - 1999年1月9日 俳優。 島根県松江市に生れる。松江中学校(現・島根県立松江北高等学校)を経て、東京外国語学校(現・東京外国語大学)に入学する。1937年、満州に渡り、大連で見た新劇の公演に感激し、「新京放送劇団」に入る。1943年、「満州映画協会」の『血銭芙蓉』で映画デビューする。 終戦を満州で迎え、妻子を抱え生死の淵をさまよったが、1947年、やっとのことで日本に帰国。森繁久弥など満州での演劇仲間と劇団を作るが失敗し、1949年に、劇団民藝に入団する。舞台に立つ傍ら、独立プロ系の映画にも脇役で出演する。 1950年代後半になると、アクション映画全盛の日活で刑事役として活躍するようになるが、1958年、交通事故で重傷を負い、顔面に大きい傷を受けると同時に失語症にもなるが、翌年再起する。 1961年、驚異的な視聴率を記録した、TBSの人気ドラマ『七人の刑事』にレギュラー出演。その抑えた演技は爆発的な人気を得た。続けて、1966年、NETの『氷点』に主演。深い葛藤を内に秘めた役で人気を集めた。 1970年、劇団民藝を退団し、フリーになる。その後も、映画、テレビを中心に多くのドラマで活躍。1999年1月9日死去。享年81。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • テレビドラマ
  • 映画
  • 出演
  • 舞台
  • タカラジェンヌ
  • 俳優
  • 刑事
  • 劇団
  • 受章
  • 受賞
  • 日活
  • 昌太郎
  • 書籍
  • 松山英太郎
  • 民藝
  • 氷点
  • 満州
  • 演技
  • 由夏
  • 自伝
  • 芦田
  • 香久美
  • アクション
  • ドラマ
  • 中心
  • 人気
  • 入団
  • 女優
  • 娘婿
  • 定評
  • 常連
  • 敗戦
  • 日々
  • 明子
  • 本名
  • 活動
  • 活躍
  • 演劇
  • 石川
  • 著書