生年月日データベース

アルベルト・アインシュタインAlbert Einstein

理論物理学者[ドイツ→アメリカ]

1879年 3月14日

1955年 4月18日 死去享年77歳
アルベルト・アインシュタイン - ウィキペディアより引用

アルベルト・アインシュタイン(独: Albert Einstein、1879年3月14日 - 1955年4月18日)は、ドイツ生まれのユダヤ人の理論物理学者。
特殊相対性理論および一般相対性理論、相対性宇宙論、ブラウン運動の起源を説明する揺動散逸定理、光量子仮説による光の粒子と波動の二重性、アインシュタインの固体比熱理論、零点エネルギー、半古典型のシュレディンガー方程式、ボーズ=アインシュタイン凝縮などを提唱した業績により、20世紀最大の物理学者とも、現代物理学の父とも呼ばれる。
特に彼の特殊相対性理論と一般相対性理論が有名だが、光量子仮説に基づく光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞した。
音楽学者でモーツァルト研究者のアルフレート・アインシュタインは従弟と見なされる場合があるが、無関係説もある(後述の通りアインシュタイン自身も音楽好きでヴァイオリンの演奏が趣味であった)。
数多くの業績のほか、世界中に広くその存在が認知されており、しばしば天才の代名詞としても引き合いに出される。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

Albert Einstein(1879.3.14 - 1955.4.18) 「アルベルト・アインシュタイン」とも。 1879年ドイツ生まれの物理学者(理論物理)。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 理論
  • 相対性
  • 光量子
  • アインシュタイン
  • 仮説
  • 学者
  • 物理
  • 物理学
  • エネルギー
  • シュレディンガー
  • ドイツ
  • ノーベル
  • ブラウン
  • ボーズ
  • 一般
  • 二重性
  • 光電
  • 凝縮
  • 効果
  • 宇宙
  • 定理
  • 揺動
  • 散逸
  • 方程式
  • 比熱
  • 波動
  • 物理学賞
  • 特殊
  • 現代
  • 粒子
  • 起源
  • 運動
  • 零点
  • それまで
  • 偉人
  • 偉業
  • 典型
  • 半古
  • 受賞
  • 固体
  • 提唱
  • 最高
  • 根本
  • 業績
  • 解明
  • 認識
  • 説明