誕生日データベース

ヨハン・シュトラウス1世Johann Strauss I

作曲家[オーストリア]

1804年 3月14日

1849年 9月25日 死去享年46歳
ヨハン・シュトラウス1世 - ウィキペディアより引用
ヨハン・シュトラウス1世(Johann Strauss I (Vater)、1804年3月14日 - 1849年9月25日)は、オーストリアのウィーンを中心に活躍した作曲家、指揮者、ヴァイオリニストである。
生前は「ワルツ王」と呼ばれたが、死後には長男ヨハン・シュトラウス2世にその名を奪われ、「ワルツの父」と呼ばれるようになった。
音楽一家としてのシュトラウス家の始祖である。
生涯 前半生 1804年3月14日、ウィーンのレオポルトシュタットのフロリアン通りで生まれる。
父フランツ・ボルギアスはここで居酒屋「聖フロリアン」を経営していた。
幼い頃からヨハンは、その風貌から「ムーア人顔」というあだ名で呼ばれていた。
ヨハンはこのあだ名をとても気に入っている様子だったという。
4歳の頃に一家はワイントラウベン通りに転居し、新たに「良き羊飼い」という居酒屋を開いたが、ヨハンが幼いころに倒産してしまった。
ナポレオン戦争とウィーン会議によってオーストリアの財政は逼迫し、社会は深刻な不景気に陥っていたのである。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

連想語句
  • シュトラウス
  • ヨーゼフ
  • ランナー
  • ワルツ
  • ウィーン
  • エドゥアルト
  • オーストリア
  • パーマー
  • ヨハン
  • ライン
  • ラデツキー
  • ローレライ
  • ヴァイオリニスト
  • 作曲家
  • 入団
  • 前半生
  • 加藤
  • 帝国
  • 指揮者
  • 楽団
  • 独立
  • 生涯
  • 行進曲
  • 調べ
  • 音楽家
  • 一家
  • 中心
  • 代表作
  • 合戦
  • 四男
  • 始祖
  • 子孫
  • 次男
  • 死後
  • 活躍
  • 熾烈
  • 生前
  • 競争
  • 長男
  • 音楽