誕生日データベース

マーガリン

タレント[日本]

1989年 3月13日

マーガリン - ウィキペディアより引用
マーガリン (margarine) は、植物性油脂(もしくは動物性油脂)を原料とする加工食品。
元々バターが高価であることからバターの代替としてつくられた食品。
日本ではかつては人造バターと呼ばれていたが、1952年11月にマーガリンに呼称を改めている 。
日本農林規格 (JAS) では、「マーガリン類」についての規格を定めており、これにはマーガリンとファットスプレッドが含まれる。
両者は主として油脂含有率によって区別され、油脂含有率が80%を超えるものがマーガリン、80%未満のものがファットスプレッドと呼ばれる。
日本で家庭用のマーガリンとして販売されているものの多くはファットスプレッドである。
バターやオリーブ・オイルのようにパンに塗って食べるために広く用いられる。
また、バターに比べ安価であることから、バターの代用品としてパンやケーキ、クッキー、アイスクリーム、チョコレートなど多くの食品の原材料に使われる。
バターは風味に優れるとされる一方、マーガリンにはあっさりした味わいがあるとされる。
連想語句
  • 日本
  • トランス
  • 概要
  • 脂肪酸
  • 規格
  • バター
  • 企業
  • 低減
  • 原料
  • 問題
  • 工業会
  • 従来
  • 成分
  • 新製法
  • 最新
  • 歴史
  • 生産
  • 製造
  • 見解
  • 販売
  • 農林
  • 開発
  • 関連
  • 食品
  • これ
  • 人造バター
  • 代替
  • 呼称
  • 高価