生年月日データベース

高木由一たかぎよしかず

プロ野球選手[日本]

1949年 3月13日

高木 由一(たかぎ よしかず、1949年3月13日 - )は、神奈川県出身の元プロ野球選手(外野手)、監督、野球指導者。
1976年までは登録名を高木 好一、1982年までは高木 嘉一としていた(読みはいずれも同じ)。
現役時代の愛称は「とっつぁん」。
プロ野球界では珍しい地方公務員出身である。
来歴・人物 高校時代は2年時より野球部に所属。
高校は部員が10人ほどしかおらず監督もいないチームであった。
相模原市役所を経て、入団テストを通じて1971年のドラフト外で大洋ホエールズに入団。
当人によれば入団テスト時は偶然調子が良かっただけで、入団に踏み切るまで1ヵ月ほど悩んだという。
現役時代は中距離打者として活躍。
当初は代打での起用が多かった。
監督の別当薫は高木にリストの使い方を指導、その途端打撃が上向き、一軍昇格へのきっかけとなり、別当の多くを語らずとも的確なワンポイントアドバイスを送る指導は「型にははめず、選手の才能を生かす」という、高木の現在の指導法にも息づいているという。

70〜80年代のプロ野球選手。現・湘南シーレックスコーチ。旧名「好一」「嘉一」。 左投左打、ポジションは外野手。背番号は81→35→63→6番。 1949年3月13日生まれ。神奈川県出身。 淵野辺高校から相模原市役所を経て、1972年、ドラフト外(テスト入団)で大洋ホエールズに入団。 1975年、一軍に昇格。アベレージヒッターとして活躍。 クリート・ボイヤーに素質を見出され、戦力外になるところを残留。 また、ボイヤーの引退時に背番号6番を譲り受けた。 幾度の怪我に悩まされ、1983年以降は代打としての活躍が多かった。 1987年、現役引退。 1988年、横浜大洋ホエールズの二軍打撃コーチに就任。1992年まで務める。 横浜ベイスターズとなった1993年、一軍打撃コーチに就任。 打撃陣を整え、長池徳士と共に、マシンガン打線の生みの親といわれる。 2002年、湘南シーレックスの打撃コーチに就任。 2006年、育成特別コーチとなる。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • プロ野球
  • 登録
  • 野球
  • 高木
  • 公務
  • 出身
  • 地方
  • 外野手
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 沖山光利
  • 監督
  • 神奈川県
  • 背番号
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • いずれ
  • たかぎ
  • とっつぁん
  • よしかず
  • 嘉一
  • 好一
  • 愛称
  • 指導者
  • 時代
  • 現役
  • 由一