生年月日データベース

吉永小百合よしながさゆり

女優[日本]

1945年 3月13日 生 (満73歳)

吉永小百合 - ウィキペディアより引用

吉永 小百合(よしなが さゆり、1945年3月13日 - )は、日本の女優、歌手である。
本名、岡田 小百合(おかだ さゆり)。
東京都渋谷区代々木西原町(当時)出身。
そのファンは、「サユリスト」と呼称される。
1960年代を代表する人気映画女優で10年間で70本以上の映画に出演した。
吉田正(作曲家)の門下生として、数多くのレコードを世に送り出している。
早稲田大学第二文学部西洋史学専修卒業、学位は文学士(早稲田大学)。
夫はフジテレビディレクター、共同テレビ社長、会長、取締役相談役を歴任した岡田太郎。
1957年(昭和32年) - 渋谷区立西原小学校6年生の時、ラジオ東京(現 TBSラジオ)の連続ラジオドラマ『赤胴鈴之助』でデビュー。
10月、ラジオ東京制作のテレビドラマ『赤胴鈴之助』でテレビデビュー。
1959年(昭和34年) - 松竹映画『朝を呼ぶ口笛』で映画デビュー。
1960年(昭和35年) - 渋谷区立代々木中学校卒業、都立の名門校東京都立駒場高等学校全日制普通科入学。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

【よしながさゆり】 俳優。東京生れ。1969年早大卒。ラジオ・ドラマ《赤銅鈴之助》(1955年)でデビュー。映画出演第1作は《朝を呼ぶ口笛》(1959年)。浦山桐郎監督《キューポラのある街》(1962年)で,貧しいながらも溌剌と生きる少女を演じて注目される。明るく純情な役柄を演じて人気を得,ファンは〈サユリスト〉と呼ばれた。ほかの作品に《あゝひめゆりの塔》(1968年),山本薩夫監督《皇帝のいない八月》(1978年),市川崑監督《細雪》(1983年),《おはん》(1984年),《つる-鶴-》(1988年),浦山桐郎監督《夢千代日記》(1985年),山田洋次監督《母べえ》(2008年)などがある。2006年紫綬褒章受章。2010年文化功労者。2014年,主演の《ふしぎな岬の物語》(成島出監督)で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 映画
  • サユリ
  • スト
  • テレビ
  • 渋谷区
  • テレビドラマ
  • レコード
  • 事項
  • 共同
  • 出演
  • 吉田正
  • 岡田太郎
  • 文学士
  • 文学部
  • 早稲田大学
  • 東京都
  • 特記
  • おかだ
  • さゆり
  • アニメ
  • テレビジョン
  • ディレクター
  • ファン
  • フジテレビ
  • フジテレビジョン
  • 人気
  • 代々木
  • 代表
  • 会長
  • 作品
  • 作曲家
  • 出演作
  • 出身
  • 卒業
  • 取締役
  • 史学
  • 呼称
  • 女優
  • 実業家
  • 専修
  • 小百合
  • 当時
  • 歴任
  • 相談
  • 社長
  • 称号
  • 西原
  • 西原町
  • 西洋
  • 門下生