誕生日データベース

鷲田小彌太わしだこやた

哲学者作家[日本]

1942年 3月13日

鷲田小弥太(鷲田小彌太、わしだ こやた、1942年(昭和17年)3月13日 - )は、日本の哲学者、札幌大学名誉教授。
北海道札幌郡白石村字厚別(現札幌市厚別区)生まれ。
北海道札幌南高等学校を経て、1966年(昭和41年)に大阪大学文学部哲学科を卒業。
1973年(昭和48年)に同大学院の博士課程の単位取得をして満期退学する。
1975年(昭和50年)に津市立三重短期大学専任講師に就任。
1976年(昭和51年)に同助教授。
1980年(昭和55年)に同教授。
1983年(昭和58年)に札幌大学教養部教授に就任。
1995年(平成7年)同経済学部教授。
2012年(平成24年)に定年退任、名誉教授。
マルクス、ヘーゲル、哲学・倫理学を専攻していたが、後に谷沢永一の影響を受けて読書論についての執筆、書評もおこなう。
1991年(平成3年)の著書『大学教授になる方法』がベストセラーとなって以降は、人生論、勉強法などについての著作を多数上梓している。
著書 1980年代まで 『ヘーゲル『法哲学』研究序論』新泉社 1975 『現代唯物論哲学ノート』晃洋書房 1976 『マルクス・法哲学批判序説』新評論 1978 『哲学史の可能性 一つの若きマルクス論』新泉社 1980 『書評の同時代史 一読入魂レポート』三一書房 1982 『哲学の構想と現実 マルクスの場合』白水社 1983 『矩形の鏡』青弓社 1983 『何を読んだらいいか 読書論の周辺』三一書房 1984 『書解・現代マルクス主義』青弓社 1984 『イデオロギーの再認 文化の総体理論に向けて』白水社 1985 『昭和思想史60年』三一書房 1986 『スピノザの方へ 人間と人間の自然をもとめて』三一書房 1987 『現代思想論 ポスト・人類史の時代に』三一書房 1988 『脳死論 人間と非人間の間』三一書房 1988 『野呂栄太郎とその時代』北海道新聞社 (道新選書) 1988 『ある地方博の死 世界・食 ……

■ 関連書籍

哲学者、大学教授、作家、1942年生まれ、北海道札幌市出身、大阪大学文学部哲学科卒 平成7年より札幌大学経済学部教授 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 北海道
  • 共編
  • 南高
  • 厚別区
  • 大阪大学
  • 学校
  • 文学部
  • 昭和
  • 札幌
  • 札幌市
  • 札幌郡
  • 白石
  • 翻訳
  • 著書
  • 卒業
  • 厚別
  • 哲学科
  • 大学