生年月日データベース

ジョン・ヴァン・ヴレックJohn Hasbrouck van Vleck

物理学者[アメリカ]

1899年 3月13日

1980年 10月27日 死去享年82歳
ジョン・ヴァン・ヴレック - ウィキペディアより引用

ジョン・ハスブルーク・ヴァン・ヴレック(John Hasbrouck van Vleck, 1899年3月13日 - 1980年10月27日)はアメリカ合衆国の物理学者である。
磁性の量子論の分野や金属錯体の結合に関する結晶場理論のパイオニアで、1977年「磁性体と無秩序系の電子構造の理論的研究」の功績によりフィリップ・アンダーソン 、ネヴィル・モットとノーベル物理学賞を受賞した。
コネチカット州のミドルタウンに祖父のジョン・モンロー・ヴァン・ヴレック、父のエドワード・バー・ヴァン・ヴレックも数学の大学教授という家系に生まれた。
ハーバード大学で学び1923年ミネソタ大学の助教授になり、ウィスコンシン大学をへて、1928年からハーバード大学の教授となった。
磁性の量子論や金属錯体の結合理論の基礎を築いた。
1953年には、国際理論物理学会 東京&京都 で来日した。
外部リンク John Hasbrouck van Vleck。

連想語句
  • 大学
  • 理論
  • 物理
  • コネチカット州
  • ハーバード
  • 受賞歴
  • 磁性
  • 金属
  • 錯体
  • アメリカ
  • アンダーソン
  • アーヴィング
  • タウン
  • ネヴィル
  • ノーベル
  • フィリップ
  • ミドル
  • メダル
  • モット
  • ラングミュア
  • ローレンツ
  • ヴァン
  • ヴレック
  • 国家
  • 国際
  • 学会
  • 学者
  • 教授
  • 物理学賞
  • 科学
  • 結合
  • 結晶
  • 量子論
  • ウィスコンシン
  • エドワード
  • ジョン
  • バー
  • パイオニア
  • ミネソタ
  • モンロー
  • 京都
  • 分野
  • 功績
  • 助教授
  • 受賞
  • 基礎
  • 家系
  • 数学
  • 来日
  • 東京
  • 構造
  • 無秩序
  • 磁性体
  • 祖父
  • 電子