生年月日データベース

奥寺康彦おくでらやすひこ

男子サッカー選手、監督[日本]

1952年 3月12日 生 (満66歳)

奥寺 康彦(おくでら やすひこ、1952年3月12日 - )は、日本のサッカー選手、サッカー指導者。
日本代表。
秋田県鹿角市出身。
株式会社横浜フリエスポーツクラブ(横浜FC)取締役会長。
1970年代当時、世界最高峰のリーグと言われたドイツのブンデスリーガ(1976年-1984年までUEFAリーグランキング1位)で活躍した初めての日本人選手である。
3つのクラブを渡り歩き計9年間プレーを続けレギュラーとして実績を残した。
その正確無比の安定したプレースタイルで地元ドイツのファンから「東洋のコンピューター」というニックネームで呼ばれ、賞賛された。
欧州サッカー連盟主催の国際大会には6回出場しており、小野伸二に抜かれるまでアジア人最多だった。
1978-79シーズンのUEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)ではアジア人として大会史上初となるゴールを記録している。
なお、16年後の1994-95シーズンにタジキスタンのラシッド・ラヒーモフが得点を上げるまで奥寺以外のアジア人の得点者は現れなかった。

■ 関連書籍

おくでらやすひこ [生]1952.3.12.秋田日本サッカー界初のプロ選手。日本リーグの古河電工時代にフォワードとして日本代表で活躍。1977年に西ドイツの名門クラブ,1.FCケルンに引き抜かれ,リーグ,カップの2冠獲得に貢献した。その後ヘルタ・ベルリンを経てベルダー・ブレーメンに移籍しリーグ準優勝3度。1986年に古河と日本代表に復帰した。引退後,日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のジェフユナイテッド市原監督,横浜FC代表などを歴任。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 時代
  • 代表
  • サッカー
  • 横浜
  • クラブ
  • ケルン
  • タイトル
  • ブレーメン
  • プロ
  • ヴェル
  • 個人
  • 出場
  • 古河
  • 古河電工
  • 大会
  • 引退
  • 復帰
  • 成績
  • 我が道
  • 所属
  • 日本
  • 日本人
  • 海外
  • 獲得
  • 秋田県
  • 移籍
  • 経緯
  • 試合
  • 逸話
  • 選手
  • 鹿角市
  • フリエスポーツクラブ
  • 会長
  • 出身
  • 取締役
  • 株式会社