生年月日データベース

ナタリア・クチンスカヤNatalya Kuchinskaya

体操選手[ソ連]

1949年 3月12日

ナタリア・クチンスカヤ - ウィキペディアより引用

ナタリア・アレクサンドロヴナ・クチンスカヤ(ロシア語: Наталья Александровна Кучинская、ラテン文字表記の例:Natalia Alexandrovna Kuchinskaya、1949年3月12日 - )は、ソビエト連邦・ロシア連邦の元オリンピック女子体操選手。
レニングラード州レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)出身。
クチンスカヤはまだ幼稚園に通っていた時に体育競技クラスに選出された。
彼女は当初バレエダンサーになることを切望していたが、どちらも運動選手であった両親に、体操競技に進むことを説得された。
彼女はウラジーミル・レイソンと後にナショナル・チームのコーチとなるラリサ・ラチニナに指導を受けた。
ラチニナはクチンスカヤを最も好きな体操選手の1人だと語っている。
1965年、16歳の時にクチンスカヤはソビエト連邦選手権を制した。
翌1966年は国内選手権に連覇し、ソビエト連邦杯と世界選手権予選試合にも優勝した後、第16回世界体操競技選手権では種目別4種目中3種目(段違い平行棒・平均台・ゆか)で金メダル、跳馬で銅メダルを獲得し、個人総合でも2位にくい込んで一躍ソビエトチームのスター選手の1人となった。

連想語句
  • 連邦
  • オリンピック
  • ソビエト
  • レニングラード
  • 体操
  • クチンスカヤ
  • ラチニナ
  • 競技
  • 選手
  • サンクトペテルブルク
  • ラリサ
  • ロシア
  • 彼女
  • 戦績
  • 選手権
  • どちら
  • ウラジーミル
  • クラス
  • コーチ
  • ソン
  • ダンサー
  • チーム
  • ナショナル
  • バレエ
  • レイ
  • 世界選手権
  • 両親
  • 予選
  • 体育
  • 優勝
  • 出身
  • 切望
  • 国内
  • 夏季
  • 女子
  • 幼稚
  • 当初
  • 指導
  • 現在
  • 試合
  • 説得
  • 連覇
  • 運動
  • 選出