生年月日データベース

江崎玲於奈えざきれおな

物理学者[日本]

1925年 3月12日

江崎玲於奈 - ウィキペディアより引用

江崎 玲於奈(えさき れおな、「崎」は清音、1925年(大正14年)3月12日 - )は、日本の物理学者である。
国外においてはレオ・エサキ(Leo Esaki)の名で知られる。
1973年(昭和48年)に日本人としては4人目となるノーベル賞(ノーベル物理学賞)を受賞した。
文化勲章受章者、勲一等旭日大綬章受章者。
建築技師である江崎壮一郎の長男として、大阪府中河内郡高井田村(現在の東大阪市)にて誕生した。
1947年に東京帝国大学を卒業し、川西機械製作所(後の神戸工業株式会社、現在の富士通テン)に入社、真空管の陰極からの熱電子放出の研究を行った。
1956年、東京通信工業株式会社(現在のソニー)に移籍する。
半導体研究室の主任研究員として、PN接合ダイオードの研究に着手し、約1年間の試行錯誤の後、ゲルマニウムのPN接合幅を薄くすると、その電流電圧特性はトンネル効果による影響が支配的となり、電圧を大きくするほど逆に電流が減少するという負性抵抗を示すことを発見した。

■ 関連書籍

えさきれおな [生]1925.3.12.大阪物理学者。第三高等学校を経て東京帝国大学物理学科を卒業(1947)。神戸工業を経て東京通信工業(現ソニー)に入社(56),半導体研究室で1957年トンネルダイオード(エサキダイオードとも呼ばれている)を発明。60年渡米し,IBMワトソン中央研究所特別研究員となる。65年日本学士院賞,73年ノーベル物理学賞,74年文化勲章を受ける。日本でノーベル物理学賞を受けた湯川秀樹,朝永振一郎,江崎の3人とも,関西育ちで三高(旧制)出身であることが話題となった。92年4月,筑波大学学長に就任。96年再び学長に選出され98年3月までつとめた。同年4月勲一等旭日大綬章を受章。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • ノーベル
  • ノーベル賞
  • 出典
  • 勲一等
  • 勲章
  • 受章者
  • 受賞歴
  • 大綬章
  • 学者
  • 文化勲章
  • 旭日
  • 栄典
  • 活動
  • 物理
  • 物理学賞
  • 発言
  • 社会的
  • 著書
  • 論文
  • 資料
  • エサキ
  • レオ
  • 受賞
  • 国外
  • 日本人
  • 昭和