誕生日データベース

クラウス・マイネKlaus Meine

ミュージシャン・スコーピオンズ[ドイツ]

1948年 5月25日

クラウス・マイネ - ウィキペディアより引用
クラウス・マイネ (Klaus Meine, 1948年5月25日 - ) は、ドイツの歌手であり、ヘビーメタルバンド、スコーピオンズのヴォーカリストとして知られている。
ギタリストのルドルフ・シェンカーと共に、1970年まで加入していなかった事実に関わらず、全てのアルバムに関わったグループ内唯一のメンバーである。
バイオグラフィー クラウスは、強いドイツのアクセントと、高音からソフトバラードまで洗練されたユニークなテノールヴォイスでよく知られている。
クラウスは、スコーピオンズの曲の歌詞をほとんど書いている。
また、彼はハーマン・ラレベル(スコーピオンズの元ドラマー)とも、ヒット曲『ハリケーン』などの数曲の歌詞を共作している。
クラウスは、『ウィンド・オブ・チェンジ』や『モーメント・イン・ア・ミリオン・イヤーズ』のような孤独な曲も数曲作っている。
1981年、ワールドツアーの後、アルバム『蠍魔宮〜ブラックアウト』のレコーディング中に、クラウスは、きちんと話すことができないほどにまで声を痛めた。

■ 映像作品

■ 音楽作品

連想語句
  • クラウス
  • スコーピオンズ
  • バイオグラフィー
  • ウィンド
  • オブ
  • チェンジ
  • ハリケーン
  • ハーマン
  • ブラックアウト
  • ラレベル
  • 歌詞
  • 魔宮
  • ほとんど
  • アクセント
  • アドバイス
  • アルバム
  • イヤーズ
  • イン
  • ソフト
  • ツアー
  • テノール
  • ドイツ
  • ドラマー
  • バラード
  • バンド
  • パレーダー
  • ヒット
  • ヒット曲
  • ペー
  • ミリオン
  • モーメント
  • ユニーク
  • レコーディング
  • ワールド
  • ヴォイス
  • ヴォーカリスト
  • 他言語
  • 代表
  • 共作
  • 医者
  • 同国
  • 問題
  • 回復
  • 執筆
  • 声帯
  • 孤独
  • 手術
  • 新規
  • 治療
  • 洗練
  • 翻訳
  • 職業
  • 苦境
  • 高音