生年月日データベース

板野一郎いたのいちろう

アニメーター[日本]

1959年 3月11日 生 (満59歳)

板野 一郎(いたの いちろう、1959年3月11日 - )は、神奈川県横浜市出身の演出家、アニメーター。
グラフィニカ所属。
高校3年のとき、スタジオムサシでのテレビアニメ『惑星ロボ ダンガードA』の動画からアニメーターとしてのキャリアをスタート。
幼少期に読んでいた漫画『鉄人28号』『サブマリン707』の影響でメカ好きになり、メカのカットばかりこなしているうちに、いつの間にかメカ専門になったという。
同僚の森山ゆうじとのフリー活動、スタジオコクピットを経て、ムサシの先輩だった浜津守の誘いでテレビアニメ『機動戦士ガンダム』に参加。
同作で1979年に原画へ昇格を果たす。
次いでスタジオビーボォーに籍を置き、『伝説巨神イデオン』に参加。
この両作品で、安彦良和や湖川友謙(ビーボォー主宰)らベテランから作画技法を学ぶ。
独自のアクション演出を磨き、イデオンの「全方位ミサイル発射シーン」や多数のアディゴが乱舞する戦闘シーンなどで注目を集めた。
1982年、スタジオぬえの河森正治に誘われ、同僚の平野俊弘らとアートランドへ移籍し、『超時空要塞マクロス』に参加する。

■ 映像作品

■ 関連書籍

アニメーター。監督。1959年生まれ。神奈川県出身。 80年代の「スターアニメーター時代」の重要人物。戦闘機やロボット等の華麗でスピーディーなメカアクションは「板野サーカス」と呼ばれ、大きな影響を与えた。現在は演出家としても活躍。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 作品
  • アニメ
  • アニメーター
  • グラフィ
  • ゲーム
  • サーカス
  • ニカ
  • 参加
  • 実写
  • 影響
  • 映画
  • 板野
  • 概要
  • 次世代
  • 演出
  • 特撮
  • 育成
  • 逸話
  • 関連
  • 所属