誕生日データベース

喜多道枝

女優[日本]

1935年 3月11日

喜多 道枝(きた みちえ、1935年3月11日 - )は、日本の女優、声優。
希楽星所属。
東京都出身。
父は能楽シテ方喜多流十五世宗家喜多実。
十六世宗家喜多六平太と喜多節世は兄である。
俳優座出身。
公称では身長151cm、体重48kg。
かつてはプロダクション・エムスリーに所属していた。
エピソード 『たけしの万物創世紀』に登場し、かつて一人八役を演じた作品を「声優の神業」として紹介し生実演(再現)した。
同番組の企画として、『フランダースの犬』で、主役のネロの他にアロア、ジョルジュ、ポール、アロアの母、ネロの祖父、ヌレットおばさん、ナレーター役を演じた。
それぞれの役の演じ分け・切替を瞬時に行う様子は、番組出演者を驚かせた。
番組の解説によると、これだけの役を演じ分けられる理由は、声の高低に関わる声帯の振動数にあるという。
一般的に成人男性で毎秒100回、女性で250回振動しているが、喜多は老人の声で約190回、男児の声で約700回と役によって振動数を大きく変化させていた。

■ 映像作品

■ 音楽作品

芸名喜多道枝 性別女性 生年月日1935/03/11 星座うお座 干支亥年 出身地東京都 身長151cm 体重53kg 靴のサイズ22.5cm 職種タレント・俳優・女優/話す仕事 語学ギリシャ語 趣味・特技朗読 好きな音楽謡曲 プロフィール俳優座養成所、劇団「仲間」、劇団「四季」、東京演劇集団「TES」を経て、希楽星(キラボシ)に所属。女優、声優としてTV・映画・舞台などで活躍。TVアニメ『フランダースの犬』の主人公・ネロ役等で知られる。主な出演歴は、映画『心に太陽を』(主役)『盗まれた欲情』(準主役・千草)、TVドラマ『時をかける少女』、フジテレビ『ありふれた奇跡』、ナレーション『ヨーロッパ美術史』、ラジオ『青春アドベンチャー「ハッピーナースデー」』、アテレコ『リボンの騎士』(フランツ役)他多数。特技はフランス語、ギリシャ語。 代表作品TV『時をかける少女』ケン・ソゴルの母/アニメ『フランダースの犬』ネロ役/NHK『徳川家康』お万の方の侍女 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • アニメ
  • 喜多
  • 映画
  • 宗家
  • エピソード
  • エム
  • シテ方
  • スリー
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • プロダクション
  • 俳優座
  • 出典
  • 出演
  • 出身
  • 劇場
  • 喜多実
  • 平太
  • 所属
  • 東京都
  • 能楽
  • 舞台
  • 公称
  • 十五
  • 十六
  • 希楽