生年月日データベース

鹿取義隆かとりよしたか

プロ野球選手、巨人軍ゼネラルマネージャー[日本]

1957年 3月10日 生 (満61歳)

鹿取 義隆(かとり よしたか、1957年3月10日 - )は、高知県香美市出身の元プロ野球選手(投手)、野球指導者。
現役時代は巨人、西武で中継ぎ・抑えとして活躍した。
2011年からはスポーツ報知で野球評論家、RFラジオ日本で野球解説者を務める。
アマチュア時代 高知商では2年の夏に背番号10の控え投手として甲子園に出場。
2回戦で山倉和博を擁する東邦高校、3回戦で盛岡三高を破ってベスト8に進出したが、金光興二や達川光男を擁する広島商に2対7で敗れた。
この試合では鹿取も救援で登板し、失点している。
3年夏は高知県大会の3回戦で同年の南四国大会を制した高知高校に0対2で敗れ、甲子園出場はならなかった。
高校の先輩が数名在籍していた事もあり、野球部のセレクションを受けて明治大学に進学した。
同期には高橋三千丈や豊田誠佑がいた。
1年の春から打撃投手を務め、2年春の六大学リーグ戦からベンチ入りしている。
監督島岡吉郎の下で毎日500球を投げ込むほどの猛練習を重ね、高橋とともに投手陣を支えた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

日本の元プロ野球選手。1957年3月10日生まれ、高知県出身。高知商業高校から明治大学に進み、79年に読売ジャイアンツに入団。87年には、63試合のリーグ最多登板でリーグ優勝に貢献した。西武ライオンズに移籍した90年に、優秀救援投手に贈られる「ファイアマン賞」を受賞。現役を引退する97年まで同チームでプレーした。引退後、米国マイナーリーグへのコーチ留学を経て、2002年に読売ジャイアンツの総合ヘッドコーチに就任。投手陣の再建を図り、セ・リーグ1位のチーム防御率で優勝した。06年には、WBC日本代表の投手コーチに就任し、チームの世界一に貢献した。17年6月、読売ジャイアンツのゼネラルマネジャー(GM)に就任することが表明された。 (2017-6-15) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 時代
  • 現役
  • リリーフ
  • 西武ライオンズ
  • 読売ジャイアンツ
  • アマチュア
  • エピソード
  • スタイル
  • ゼネラル
  • プレー
  • プロ野球
  • マネージャー
  • 対戦
  • 引退
  • 打者
  • 投手
  • 考え方
  • 選手
  • 香美市
  • 高知県
  • かとり
  • よしたか
  • テレビ
  • 中継ぎ
  • 出演
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 巨人
  • 巨人軍
  • 指導者
  • 本部長
  • 活躍
  • 現在
  • 球団
  • 編成
  • 義隆
  • 読売
  • 野球
  • 鹿取