生年月日データベース

古今亭志ん朝ここんていしんちょう

落語家・3代目[日本]

1938年 3月10日 生 (満80歳)

古今亭志ん朝 - ウィキペディアより引用

古今亭 志ん朝(ここんてい しんちょう)は、東京の落語家の名跡。
3代目の死去に伴い、現在は空席。
5代目古今亭志ん生門下より生まれた名前であり、これまで名乗った3人は全員5代目志ん生を師匠に持っていた(初代と3代目は実子)。
初代古今亭志ん朝 - 後の10代目金原亭馬生。
3代目志ん朝は実弟。
2代目古今亭志ん朝(生没年不詳) - 戦後まもなく志ん生に入門し古今亭志ん一から1948年3月に志ん朝と改名。
1949年5月まで落語協会の名簿に見えるが7月にはなくその頃廃業したと思われる。
通称「魚屋の志ん朝」。
本名は金田 睦男。
一部資料ではこの志ん朝については触れず、美濃部強次の志ん朝を2代目とすることもある。
3代目古今亭志ん朝。
本項にて詳述。
初代志ん朝こと10代目馬生は実兄。
3代目 古今亭 志ん朝(ここんてい しんちょう、1938年3月10日 - 2001年10月1日)は、東京都文京区本駒込出身の落語家である。
本名、美濃部 強次(みのべ きょうじ)。
5代目古今亭志ん生の次男で、10代目金原亭馬生の弟、姪は女優池波志乃、義甥は俳優中尾彬。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

落語家。俳優。   五代目古今亭志ん生の次男。 名人の息子という看板に負ける事無く、19歳から始め5年で 当時の最年少真打昇進を果たす程の実力者。 古典落語の名手として代表作は「風呂敷」などがある。   彼は非常に熱心であったものは他に 8月の中席(11日から20日まで)にある「住吉踊り」がある。   ふりかけ「錦松梅」のCMに登場しているので テレビで彼を見かけた方も多い。   2001年10月1日午前10時50分、 肝臓がんのため都内の自宅で死去。 父親、志ん生の名前を継がれなかったと惜しむ声が非常に多かった。 no title (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 志ん朝
  • 古今亭
  • 初代
  • 馬生
  • 不詳
  • 協会
  • 強次
  • 志ん生
  • 日本
  • 本名
  • 生没
  • 美濃部
  • 落語
  • 金原亭
  • きょうじ
  • ここんてい
  • さんだ
  • しんちょう
  • はなくそ
  • みのべ
  • 一部
  • 入門
  • 全員
  • 出身
  • 名簿
  • 実兄
  • 実子
  • 実弟
  • 師匠
  • 年月日
  • 廃業
  • 当時
  • 志ん
  • 戦後
  • 改名
  • 時代
  • 朝太
  • 本項
  • 生年月日
  • 睦男
  • 詳述
  • 資料
  • 通称
  • 金田
  • 魚屋