生年月日データベース

カノン

歌手[日本]

1980年 3月9日 生 (満38歳)

カノンあるいはキャノン Canon, Kanon Canon(英語等)および Kanon(ドイツ語等)は「棒、定規、基準、規範」等を意味するカノーン(古代ギリシア語: κανων、 kanōn)を語源とする。
楽曲様式のカノン(追複曲)からの連想で、音楽に関係する作品あるいはその登場女性人物の名、または同様モチーフを繰り返す作品の名などに用いられることがある。
キリスト教 聖書正典 - 聖書における正典。
カトリック教会においてはその目録もカノンと呼ぶ。
どの文書を正典とするかについては各教派ごとに違いがある。
教会法 - 正教会・カトリック教会などの教派において、公会議・教会会議によって受け入れられた基準またその条文(教会会議決定条文)。
規程 - 正教会においてパラクリシス、早課、晩堂課に挿入される聖歌・祈祷文。
祈祷書には「規程」と記されているが、この漢字表記よりも片仮名による転写で「カノン」と呼ばれる事の方が一般的。
クリトのアンドレイ、ダマスコのイオアンがこの作者として有名("The Blackwell Dictionary of Eastern Christianity" Wiley-Blackwell; New edition (2001/12/5), p110 - p111, ISBN 9780631232032 参照)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

「キャノン」のページをご覧ください。 カノンcanon 規定を意味するギリシア語kanōnに由来する。キリスト教用語としては,(1)正典すなわち聖典としての権威をもつ聖書の各書。(2)ミサ典文ミサ中,感謝の賛歌のあと「まことに聖なる父よ」で始る奉献文から,交わりの祭儀の前の,「キリストによって…」の祈りまでの部分。(3)教理規定信仰,道徳について公会議や教皇が定めた権威ある規定。(4)司祭修道会員canonicusregularis教区付き司祭で,司教座聖堂を中心に誓願を立てて共住生活をおくる司祭。現在では称号としてのみ残る場合が多い。司教座聖堂付き参事会員ともいう。 カノンcanon 音楽用語。きわめて厳格な対位法的模倣形式。一つの声部の旋律が,ある間隔をおいて他の声部によって,同一音程もしくは異なった音程で厳格に模倣される楽曲。いわゆる輪唱はその最も単純な形。主導する声部を先行声部,模倣する声部を後続声部という。カノンは,2声に限られず,3声,4声のものもある。現存する最古のカノンは,有名な『夏は来りぬ』(イギリス,1300頃)という6声の無限カノンである。後続声部の模倣の方法により,次のような種類に分けられる。(1)平行カノン,(2)反行カノン,(3)逆行カノン,(4)反逆行カノン,(5)縮小カノン,(6)拡大カノン,(7)二重カノン,(8)無限(循環)カノン,(9)混合カノン,(10)謎カノンなど。 カノンaestheticcanon 美術用語。造形美術の領域では人体均衡論を意味する。前5世紀のギリシアの彫刻家ポリュクレイトスは,人体のプロポーションを研究して『カノン』を著わし,これを『ドリュフォロスの像』(原作は青銅像,ローマ時代 …… (引用元 コトバンク)

連想語句
  • キリスト教
  • 作品
  • 正典
  • 聖書
  • ギリシア語
  • ドイツ語
  • 企業
  • 古代
  • 定規
  • 芸術
  • 英語
  • 関連
  • 音楽
  • カノーン
  • モチーフ
  • 同様
  • 基準
  • 女性
  • 意味
  • 楽曲
  • 様式
  • 登場
  • 規範
  • 語源
  • 連想
  • 関係