生年月日データベース

梶田隆章かじたたかあき

物理学者文学者[日本]

1959年 3月9日

梶田隆章 - 物理学者、天文学者

梶田 隆章(かじた たかあき、1959年3月9日 -)は、日本の物理学者、天文学者である。
埼玉県東松山市出身。
東京大学宇宙線研究所長・教授、兼同研究所附属宇宙ニュートリノ観測情報融合センター長、カブリ数物連携宇宙研究機構主任研究員、東京理科大学理工学部物理学科非常勤講師。
専門はニュートリノ研究。
理学博士。
ニュートリノ振動の発見により、2015年にアーサー・B・マクドナルドと共にノーベル物理学賞を受賞した。
生い立ち 1959年3月9日、埼玉県東松山市の農家に生まれる。
幼少期から特に自然に興味があったわけではなかったが、読書が好きで、両親に「お茶の水博士になりたい」と話したこともあった。
暗記よりも考える勉強を好み、高校の授業では物理、生物、世界史、日本史などに興味を持ち、特に地学が好きだった。
苦手科目は古文と漢文。
中学時代の身長は150センチメートル程度だったが、高校に入ってから180センチメートルを超えるまで伸びた。
埼玉大学で物理学を専攻して素粒子に興味を持つようになる。
研究者になれる自信はなくあまり勉強していなかったが、大学3年次に大学院に進学することを決意した。

■ 関連書籍

日本の物理学者。天文学者。1959年3月9日生まれ。埼玉県東松山市出身。埼玉大学理学部物理学科卒業。東京大学大学院理学系研究科博士後期課程修了。 東京大学宇宙線研究所長などを歴任。2015年にノーベル物理学賞を受賞した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • ニュートリノ
  • 教授
  • 学者
  • 東京大学
  • 宇宙
  • 物理
  • 研究所
  • アーサー
  • カブリ
  • ノーベル
  • フェロー
  • マクドナルド
  • 卓越
  • 博士
  • 埼玉県
  • 天文
  • 宇宙線
  • 振動
  • 数物
  • 日本
  • 朝日
  • 東京理科大学
  • 東松山市
  • 栄誉
  • 機構
  • 物理学賞
  • 理学
  • 連携
  • センター
  • 主任
  • 出身
  • 受賞
  • 同大
  • 埼玉
  • 埼玉大学
  • 大学
  • 委員
  • 学科
  • 学部
  • 専門
  • 東京大
  • 理工
  • 発見
  • 融合
  • 観測
  • 講師
  • 選考
  • 附属
  • 非常勤