誕生日データベース

ウォルター・コーンWalter Kohn

理論物理学者[オーストリア→アメリカ]

1923年 3月9日

ウォルター・コーン - ウィキペディアより引用

ファイル:WalterKohnGraz21042006 1.jpg thumb right ウォルター・コーン
ウォルター・コーン(Walter Kohn、1923年3月9日 - )はオーストリア生まれの理論物理学者。

1998年のノーベル化学賞を、ジョン・ポープルと共に受賞した。
受賞理由は、化学物質の性質や反応過程の量子化学理論の構築に対する貢献。
特に密度汎関数法に関する研究で主導的な役割を果たしたことを評価された。

1923年にウィーンで生まれる。
ナチスの迫害を受けて1939年にイギリスを経てカナダに移住するが、両親はオシフィエンチム アウシュヴィッツで亡くなった。
ハーバード大学でジュリアン・シュウィンガーの指導を受け、1948年に博士号を取得した。
「Kohnの変分法」という手法で核子散乱の研究をした後、KKR法の提案などを行なった。
1952年にアメリカ合衆国に帰化している。

連想語句
  • 大学
  • 化学
  • 理論
  • 生涯
  • イギリス
  • ウィーン
  • オーストリア
  • カナダ
  • カーネギー
  • コーン
  • シュウィンガー
  • ジュリアン
  • ジョン
  • ナチス
  • ノーベル
  • ハーバード
  • ポープル
  • メロン
  • 共和国
  • 博士号
  • 受賞
  • 学者
  • 密度
  • 核子
  • 物理
  • 量子化
  • 関数
  • アウシュヴィッツ
  • オシフィエンチム
  • ヴァルター
  • 両親
  • 反応
  • 役割
  • 性質
  • 手法
  • 指導
  • 提案
  • 散乱
  • 構築
  • 物質
  • 理由
  • 移住
  • 評価
  • 貢献
  • 迫害
  • 過程