誕生日データベース

藤沢朋斎ふじさわほうさい

囲碁棋士[日本]

1919年 3月9日

藤沢朋斎(ふじさわ ほうさい、1919年(大正8年)3月9日 - 1992年(平成4年)8月2日)は、囲碁棋士。
本名は藤沢庫之助(ふじさわ くらのすけ)。
神奈川県出身。
日本棋院の大手合による昇段制度初の九段。
呉清源と3度の十番碁を戦った。
棋風は深い読みに裏付けられた力戦派で、「ダンプカー級の突進力」などと形容された。
また白番のマネ碁を多く試みたが、シチョウを利用したマネ碁対策が現われてからは成績は芳しくなかった。
藤沢秀行名誉棋聖は叔父、小島高穂九段は甥にあたる。
先番無敵 神奈川県横浜市に生まれ、祖父重五郎(藤沢秀行の父)などの影響で碁を始める。
1930年に姉とともに日本棋院院生となり、1933年入段。
本因坊秀哉に可愛がられたとされる。
1934年に國民新聞の若手棋士による勝ち抜き戦で、10人抜きを達成。
1938年四段時に、東京日日新聞主催の対六段戦で5戦全勝。
1942年六段で、前年からの雁金準一と呉清源の十番碁に続いて、雁金の率いる瓊韻社の渡辺昇吉六段と十番碁を打ち、3連勝して打ち切りとなった。

■ 関連書籍

連想語句
  • マネ
  • 囲碁
  • 昇段
  • シチョウ
  • タイトル
  • ダンプカー
  • 先番
  • 受賞
  • 呉清源
  • 大手合
  • 安倍吉輝
  • 小島
  • 日本棋院
  • 棋士
  • 棋歴
  • 棋聖
  • 棋院
  • 無敵
  • 理事
  • 神奈川県
  • 著作
  • 藤沢
  • 藤沢秀行
  • 高穂
  • くらのすけ
  • ふじさわ
  • 入段
  • 出身
  • 利用
  • 制度
  • 力戦
  • 叔父
  • 名誉
  • 対策
  • 庫之助
  • 形容
  • 成績
  • 本名
  • 棋風
  • 白番
  • 突進
  • 門下