生年月日データベース

金子辰雄かねこたつお

アナウンサー[日本]

1930年 3月8日 生 (満88歳)

金子 辰雄(かねこ たつお、1930年3月8日 - )は、元NHKアナウンサー。
東京都大森区(現:大田区)出身、早稲田大学法学部を卒業後、1951年にNHK入局。
札幌、福岡等に勤務。
現役時代は、1970年4月から17年間にわたって『NHKのど自慢』の司会を務めた。
金子の司会就任前の『のど自慢』は超低迷期にあり、東西分裂や地域別放送など、試行・模索が続いていたが、金子の司会就任により全国統一され、現在に至る人気を確立した。
出場者同士の仲人や赤ちゃんの名付け親になったこともある。
定年退職後もNHKのラジオ音楽番組で司会を数多く務めており、80歳になっても現場に立っていたが、2011年3月に勇退した。
出演番組 危険信号 NHKのど自慢 はつらつスタジオ505 歌の散歩道(木曜日司会、ラジオ第1) 実際には東日本大震災で番組の放送が潰れ、81歳になった直後の震災前日が最後の出番となった。

■ 関連書籍

連想語句
  • 出演
  • のど自慢
  • 司会
  • 番組
  • スタジオ
  • ラジオ
  • 信号
  • 危険
  • 大森
  • 大田区
  • 大震災
  • 就任
  • 放送
  • 散歩道
  • 早稲田大学
  • 東京都
  • 東日本
  • 法学部
  • 金子
  • 人気
  • 仲人
  • 低迷期
  • 入局
  • 全国
  • 出場者
  • 出番
  • 出身
  • 分裂
  • 前日
  • 勇退
  • 勤務
  • 卒業
  • 同士
  • 名付け親
  • 味ごのみ
  • 地域
  • 定年
  • 実際
  • 時代
  • 最後
  • 木曜日
  • 札幌
  • 東西
  • 模索
  • 現在
  • 現場
  • 現役
  • 直後
  • 確立
  • 福岡
  • 統一
  • 試行
  • 赤ちゃん
  • 退職
  • 震災
  • 音楽