生年月日データベース

松井孝典まついたかふみ

文学者[日本]

1946年 3月7日

松井 孝典(まつい たかふみ、1946年3月7日 - )は、日本の惑星科学者、東京大学名誉教授、宇宙政策委員会委員長代理、国家基本問題研究所客員研究員、行政刷新会議民間議員。
理学博士。
専門は、固体地球物理学、惑星物理学、比較惑星学。
静岡県周智郡森町出身。
日本の惑星科学の第一人者。
学際的な地球学をとなえている。
1986年、英国の科学雑誌『ネイチャー』に海の誕生を解明した「水惑星の理論」を発表し世界の地球科学者から注目を集めた。
地球物理学者の上田誠也や地質学者の鎮西清高ら他の地球科学者とともにNHKで放送された『地球大紀行』の制作に関わり、特に松井は企画段階から参加した。
2007年、著書『地球システムの崩壊』(新潮選書)が、第61回毎日出版文化賞(自然科学部門)を受賞した。
学歴 1970年3月:東京大学理学部地球物理学科卒業 1973年3月:東京大学大学院理学系研究科地球物理学専門課程修士課程修了 1976年3月:東京大学大学院理学系研究科地球物理学専門課程博士課程修了 東京大学 理学博士 「Numerical simulation of planetary accretion process : planetesimals to planet(惑星集積過程の数値的実験 : 微惑星から惑星へ) 」。

■ 映像作品

■ 関連書籍

1946年〜 惑星物理学者・東京大学大学院教授。 「水の惑星理論」によって地球になぜ海が誕生したかを解明したことで世界的に知られる。また惑星物理学の観点から環境問題にも積極的な発言が多い。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 地球
  • 物理学
  • 惑星
  • 財団
  • 科学
  • 科学者
  • 静岡県
  • ネイチャー
  • 上田誠也
  • 会議
  • 公益
  • 刷新
  • 博士
  • 周智郡
  • 問題
  • 固体
  • 国家
  • 地質
  • 基本
  • 委員会
  • 学者
  • 宇宙
  • 政策
  • 星学
  • 東京
  • 森町
  • 比較
  • 民間
  • 法人
  • 理学
  • 研究所
  • 紀行
  • 行政
  • 議員
  • 鎮西清高
  • イギリス
  • 世界
  • 代理
  • 企画
  • 出身
  • 制作
  • 参加
  • 名誉
  • 名誉教授
  • 委員長
  • 客員
  • 専門
  • 放送
  • 教授
  • 日本
  • 日本放送協会
  • 松井
  • 段階
  • 注目
  • 物理
  • 理論
  • 発表
  • 第一人者
  • 英国
  • 解明
  • 誕生
  • 雑誌