誕生日データベース

大森美香おおもりみか

脚本家[日本]

1972年 3月6日

大森 美香(おおもり みか、1972年3月6日 - )は、日本の脚本家、演出家、映画監督。
福岡県築上郡築城町(現・築上町)出身。
映画やドラマや芝居が好きな母親に影響を受け中学の頃は、演劇部に入部した。
神奈川県立横浜翠嵐高等学校卒業。
青山学院女子短期大学芸術学科卒業。
短大卒業後、名古屋テレビ放送に入社。
東京本部で一般職として経理、秘書業務等を担当。
24歳で退社。
在職中から受講していたマスコミセミナーの講師であったフジテレビの山田良明編成局制作室第一制作部企画担当部長(当時)に掛け合い、フジテレビの契約ADの職を得る。
AD休職中に書き上げた脚本を山田に持ち込み、『美少女H』(1998年)・第12話「十七歳の記録」で脚本と演出。
2000年からフリーランス。
秦建日子、金子ありさ、中江有里など、同業者の脚本家との交流がある。
『ネコナデ』で起用した入山法子からは、「ほわーんとした雰囲気」、女性誌『ELLE』のインタビュアーからは「実際の彼女は、とても物腰が柔らかく、優しい笑顔が印象的な女性」とのこと 『風のハルカ』で起用した、村川絵梨、渡辺いっけい、升毅とは、現在でも交流があり、「ハルカ会」と題した食事会を定期的に行っている。

■ 映像作品

■ 関連書籍

脚本家、演出家。 名古屋テレビ勤務を経て、フジテレビにてAD、APを務める。そのかたわら「美少女H・十七歳の記録」で脚本家・演出家デビュー。それを見た同局山口雅俊プロデューサーに取り立てられ、同氏のもとでAP業務を兼任しつつ脚本家修行を積む。深夜ドラマ、連続ドラマのセカンドライター等を経験したのち、同プロデューサーによる「カバチタレ!」で一本立ち。以後、圧倒的なセリフのセンスとストーリーテリングの巧妙さで、若手脚本家のなかでも抜きん出た存在となる。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 映画
  • テレビドラマ
  • 卒業
  • 受賞
  • 名古屋テレビ放送
  • 学校
  • 小説
  • 横浜
  • 監督
  • 県立
  • 神奈川
  • 福岡県
  • 築上町
  • 築上郡
  • 築城町
  • 翠嵐
  • 脚本
  • 青山学院女子短期大学
  • 高等
  • ドラマ
  • 中学
  • 入部
  • 出身
  • 学科
  • 影響
  • 母親
  • 演劇
  • 短大
  • 芝居
  • 芸術