誕生日データベース

加藤保男かとうやすお

登山家[日本]

1949年 3月6日

加藤保男(かとう やすお、1949年3月6日 - 1982年12月27日?)は、日本の登山家。
8000メートル峰に4度、エベレストに3度の登頂を果たした。
エベレストをネパール、チベット両側から登頂したのは世界初。
エベレスト3シーズン(春・秋・冬)登頂も世界初。
埼玉県大宮市(現さいたま市)生まれ。
大宮市市民栄誉賞第一号を受賞。
1967年(昭和42年) - 大東文化大学第一高等学校を卒業。
1971年(昭和46年) - 日本大学文理学部体育学科を卒業。
兄で登山家の加藤滝男の影響で登山を高校時代に始める。
在学中に大学の山岳部には入部せず、滝男が主催するJECC(ジャパン・エキスパート・クライマーズ・クラブ)で登攀経験を重ねる。
1969年(昭和44年)から1972年(昭和47年)にかけて - アルプス山脈の三大北壁(アイガー、グランド・ジョラス、マッターホルン)を登攀。
1973年(昭和48年)10月26日 - 第2次RCC登山隊で、石黒久隊員とともに、エベレスト(サガルマタ)のポストモンスーン期(秋季)初登頂を果たす(ネパール側、東南稜)。

■ 関連書籍

連想語句
  • エベレスト
  • 昭和
  • 関連
  • 大宮市
  • 登頂
  • さいたま市
  • チベット
  • ネパール
  • 世界初
  • 出典
  • 卒業
  • 埼玉県
  • 大東文化大学
  • 学校
  • 学部
  • 文理
  • 日本大学
  • 書籍
  • 著書
  • 遭難死
  • 高等
  • トル
  • 両側
  • 体育
  • 加藤
  • 受賞
  • 在学
  • 大学
  • 学科
  • 市民
  • 影響
  • 時代
  • 栄誉
  • 滝男
  • 登山
  • 登山家
  • 高校