誕生日データベース

戸塚洋二とつかようじ

物理学者[日本]

1942年 3月6日

戸塚洋二 - ウィキペディアより引用
戸塚 洋二 (とつか ようじ、1942年3月6日 - 2008年7月10日) は日本の物理学者。
東京大学特別栄誉教授。
静岡県富士市出身。
富士市名誉市民(第1号)。
1960年、静岡県立富士高等学校卒業、1965年、東京大学理学部物理学科卒業。
1972年、東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。
理学博士。
その後、東京大学理学部教授を経て1988年に東京大学宇宙線研究所教授。
1995年には神岡宇宙素粒子研究施設長に就任、1997年からは東京大学宇宙線研究所長。
翌1998年、スーパーカミオカンデでニュートリノ振動を確認しニュートリノの質量がゼロでないことを世界で初めて示した。
2001年に起きたスーパーカミオカンデの光電子増倍管の70%を損失する大規模破損事故の責任をとり、東京大学を辞職した。
翌2002年には高エネルギー加速器研究機構素粒子原子核研究所教授となった。
2003年より2006年まで同機構長。
2008年7月10日、直腸ガンのため死去 (66歳没) 。
2002年のノーベル物理学賞受賞者・小柴昌俊の愛弟子の一人だった。

■ 関連書籍

連想語句
  • 富士市
  • 栄誉
  • 東京大学
  • 仲間
  • 共著
  • 出典
  • 単著
  • 受賞歴
  • 名誉
  • 市民
  • 教授
  • 注釈
  • 著書
  • 関連
  • 静岡県
  • 出身