誕生日データベース

千速晃ちはやあきら

新日本製鉄 元社長・元会長[日本]

1935年 3月6日

2007年 1月22日 死去享年73歳

千速 晃(ちはや あきら、1935年3月6日 - 2007年1月22日)は、東京都出身の日本の実業家。
新日本製鐵(現・新日鐵住金)元会長。
東京大学を卒業後、八幡製鐵に入社し、元経済団体連合会(経団連)副会長、日本鉄鋼連盟第10代会長、国土交通省国土審議会会長などを歴任。
特に新日鐵による上海宝山鋼鉄誕生(小説『大地の子』のモデル)など対中経済支援に携わり中国に太い人脈を持つことから、2005年より日中経済協会会長となった。
稲山嘉寛、永野重雄といった重鎮に秘書として仕える。
アジア通貨危機で鉄鋼業界が苦境に陥った1998年、社長に就任し業績回復に尽力。
在任中の2000年にブラジルの鉄鋼メーカー、ウジミナスと現地で自動車用鋼板の合弁事業を開始したほか、2001年にはフランスの鉄鋼メーカー、ユジノール(現アルセロール)とグローバル戦略提携を締結。
このほか韓国の鉄鋼メーカーPOSCOとも提携し、国内では住友金属工業(新日鐵が吸収合併し、現在は新日鐵住金)、神戸製鋼所と三社間提携を結ぶなど合従連衡を進め、後の新日鐵の最高益を生む土台を築く。
連想語句
会長鉄鋼経済新日本製鐵メーカー人物ほかアジアアルセロールウジフランスブラジルミナス中国八幡協会危機団体国土交通省大地宝山新日鐵住金日中日本東京大学永野重雄社長稲山嘉寛編集自動車製鐵通貨連合会連盟鋼板鋼鉄ことグローバルページモデルユジノール上海事業人脈入社卒業合弁回復国土在任存在審議会対中小説就任尽力戦略提携支援新日鐵業界業績歴任現地秘書経団連締結苦境誕生重鎮開始韓国

↑ PAGE TOP