生年月日データベース

杉内寿子すぎうちかずこ

囲碁棋士[日本]

1927年 3月6日 生 (満91歳)

杉内 寿子(すぎうち かずこ、1927年(昭和2年)3月6日 - )は、日本の囲碁棋士。
静岡県出身、日本棋院所属、喜多文子名誉八段門下。
女流棋士として初の八段。
女流選手権戦4期、女流名人戦4期など。
旧姓本田。
夫は杉内雅男九段。
本田幸子、楠光子の棋士三姉妹の長姉。
2004年まで日本棋院棋士会会長、女流棋士会会長を務めた。
田方郡函南村に生まれる。
父栄三は元海軍大尉の退役軍人で、一時栄三の仕事で大阪に住むが、伊東で碁会所を開き、このため幼少から碁に親しんだ。
1933年に沼津で開かれた囲碁大会に伊藤清子(伊藤友恵)二段が出席していたのを見て、栄三は寿子を棋士にすることを思い立つ。
1937年に将棋の小菅剣之助の熱海の別荘に本因坊秀哉が訪れ、小菅の紹介で秀哉と六子で対局、その後東京での講演会席上で木谷實と五子で打って勝ち、これを契機に喜多文子に入門。
翌1938年に日本棋院の院生となる。
1942年入段。
1944年前期大手合2部で全勝優勝。
1944年に千葉県市原郡戸山村に疎開。
1946年に妹の幸子と東京祖師谷の、小菅剣之助子息隆三氏宅に身を寄せて大手合に出場。

連想語句
  • 棋士
  • 女流
  • 日本棋院
  • 囲碁
  • 本田
  • 杉内雅男
  • 現役
  • タイトル
  • 会長
  • 名人
  • 喜多
  • 幸子
  • 文子
  • 日本
  • 最年長
  • 棋歴
  • 楠光子
  • 田方郡
  • 著作
  • 静岡県
  • 三姉妹
  • 保持者
  • 出身
  • 名誉
  • 夫婦
  • 所属
  • 旧姓
  • 最多勝
  • 本因坊
  • 死去
  • 現在
  • 記録
  • 通算
  • 達成
  • 選手権
  • 長姉
  • 門下