誕生日データベース

岡部伊都子おかべいつこ

エッセイスト[日本]

1923年 3月6日

2008年 4月29日 死去享年86歳

岡部 伊都子(おかべ いつこ、1923年3月6日 - 2008年4月29日)は、日本の随筆家。
来歴・人物 大阪府大阪市出身。
相愛高等女学校を病気のため中退。
婚約者が沖縄戦で戦死し、戦後すぐ結婚したが7年後に離婚。
同人誌『文学室』に参加、谷沢永一は、岡部の才能を最初に認めたのは自分であると書いている(『回想開高健』)。
1954年からラジオ番組に書いた随筆をまとめた「おむすびの味」(56年)で認められる。
美術・伝統・自然・歴史・戦争・沖縄・差別・環境問題などのジャンルの著書が多数ある。
主要著作は岩波書店より『岡部伊都子集』(全5巻)や藤原書店より『岡部伊都子作品選・美と巡礼』(全6巻)にそれぞれ収められている。
2008年4月29日、肝臓がんの為に逝去。
85歳没 。
落合恵子や佐高信など愛読者が多く、落合と佐高は『岡部伊都子集』の編著を担当した。
主な著書 1950年代 『おむすびの味 正続』 創元社 1956 「いとはんさいなら」 創元社 1957 『蝋涙』 創元社 1957 『言葉のぷれぜんと 』創元社 1958 『白』 新潮社 1959 『十代の質問』 創元社 1959 1960年代 『いのちの襞』 新潮社 1961 『観光バスの行かない… 埋もれた古寺』 新潮社 1962 のち文庫 『古都ひとり 』新潮社 1963 『花の寺 正続』 淡交新社 1963-65 『風さわぐ かなしむ言葉』 新潮社 1964 『美の巡礼 京都・奈良・倉敷』 新潮社 1965 のち学陽書房女性文庫 『秋篠寺法華寺』 淡交新社 1965 『美のうらみ 』新潮社 1966 『奈良残照の寺』 淡交新社 1966 『京の寺』 保育社カラーブックス 1966 『女人歳時記』 河原書店 1967 のち角川文庫 『美を求める心』 講談社 1967 のち文庫、文芸文庫 『鳴滝日記 』新潮社 1968 『仏像に想う 』梅原猛共著 朝日新聞社 1968 のち講談社現代新書 『水かがみ 』淡交社 1968 『わが心の地図』 創元 ……

■ 関連書籍

1923年〜2008年4月29日 日本の随筆家。大阪府大阪市出身。1954年から文筆活動始め、平和や差別などに関する題材の著書が多数ある。主な著書に「賀茂川のほとりで」、「水平のあこがれ」など。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 書店
  • 著書
  • 前半
  • 大阪市
  • 大阪府
  • 岩波
  • 後半
  • 永一
  • 相愛
  • 藤原
  • 谷沢
  • 高等
  • おむすび
  • それぞれ
  • ジャンル
  • ラジオ
  • 中学校
  • 中退
  • 主要
  • 伝統
  • 作品
  • 出身
  • 参加
  • 同人
  • 問題
  • 回想
  • 多数
  • 女学校
  • 婚約者
  • 学校
  • 岡部
  • 巡礼
  • 差別
  • 戦争
  • 戦後
  • 戦死
  • 才能
  • 文学
  • 最初
  • 歴史
  • 沖縄
  • 沖縄戦
  • 環境
  • 番組
  • 病気
  • 結婚
  • 美術
  • 自分
  • 自然
  • 著作
  • 開高健
  • 随筆
  • 離婚