生年月日データベース

荒木道子あらきみちこ

女優[日本]

1917年 3月6日

1989年 3月24日 死去心不全享年73歳

荒木 道子(あらき みちこ、1917年3月6日 - 1989年3月24日)は、日本の女優。
元夫は文芸評論家の菊地章一。
菊池との間に儲けた息子は俳優・歌手の荒木一郎。
来歴・人物 1917年(大正6年)3月6日、東京府東京市神田区三崎町(現在の東京都千代田区神田)に生まれる。
父は文芸評論家の至文、母は青鞜社出身の作家の滋子で、兄が2人いた。
明化尋常小学校を経て1934年(昭和9年)、女子学院を卒業。
YWCAの語学部職員、帝大図書館員を経て、1938年(昭和13年)に文学座研究所に入り、賀原夏子、青野平義、小山源喜らとともに第1回生として卒業。
同年に勉強会『かりそめになすな恋』で初舞台を踏み、田中澄江作『はるあき』の柿沢てい子役で本格的にデビューする。
ついで『野鴨』『わが町』などに大役で起用され、近代的な感覚とムード、独自の台詞まわしによって注目された。
1941年(昭和16年)4月6日、文芸評論家の菊地章一と結婚(1953年(昭和28年)に離婚)、一子出産のため1943年(昭和18年)に文学座を退団。

■ 映像作品

■ 音楽作品

  • タイトル
    名作おはなし館 第5巻
    歌手
    発売元
    コロムビアミュージックエンタテインメント
    発売日
    1993年5月21日
    新品価格
    ¥ 1,000 より
    中古商品
    より
連想語句
  • 千代田区
  • 東京
  • 神田
  • 菊池
  • テレビドラマ
  • 三崎町
  • 俳優
  • 全集
  • 出演
  • 映画
  • 東京都
  • 歌手
  • 章一
  • 舞台
  • 荒木一郎
  • 大正
  • 息子
  • 文芸
  • 現在
  • 至文
  • 評論家
  • 青鞜