生年月日データベース

鷲見四郎すみしろう

バイオリン奏者[日本]

1913年 3月6日

2003年 9月22日 死去享年91歳

鷲見 四郎(すみ しろう、1913年3月6日 - 2003年9月22日)は、日本のヴァイオリニストである。
鷲見三郎の弟、鷲見加寿子の父、鷲見精一の祖父。
鳥取県米子市尾高町出身。
1928年、レオポルド・アウアー門下のニコライ・シュフェルブラッドに師事する。
1929年、新交響楽団(現在のNHK交響楽団)に入団する。
1932年、第1回音楽コンクール(現在の日本音楽コンクール)のヴァイオリン部門で最優秀者に贈られる「賞」(現在の第1位)を受賞し、翌1933年の第2回でも続けて「賞」を受賞した。
戦後、NHK交響楽団のコンサートマスターを務めた。
1961年から1981年まで国立音楽大学教授を務めた。
退官後も90歳で亡くなるまで後進の指導に当たり、佐藤俊介、武藤順子などのヴァイオリニストを育てた。

■ 関連書籍

「鷲見四郎」と関連する人物

連想語句
  • 交響楽団
  • 鷲見
  • コンクール
  • 現在
  • 音楽
  • アウアー
  • コンサート
  • シュ
  • ニコライ
  • フェル
  • ブラッド
  • マスター
  • レオポルト
  • 佐藤俊介
  • 加寿子
  • 受賞
  • 国立音楽大学
  • 尾高町
  • 日本
  • 武藤
  • 米子市
  • 精一
  • 順子
  • 鳥取県
  • 鷲見三郎
  • オリニスト
  • ヴァイオリニスト
  • ヴァイオリン
  • 優秀者
  • 入団
  • 出身
  • 師事
  • 後進
  • 戦後
  • 指導
  • 教授
  • 祖父
  • 退官
  • 部門
  • 門下