誕生日データベース

瀬々敬久ぜぜたかひさ

映画監督[日本]

1960年 5月24日

瀬々 敬久(ぜぜ たかひさ、1960年5月24日 - )は、日本の映画監督、脚本家、演出家、俳優である。
筆名には、臼野 朗 (うすの ろう)、迦桜羅 (かるら)、甲賀 三郎 (こうがさぶろう)、南極1号 (なんきょくいちごう)等がある。
人物・来歴 1960年5月24日、大分県に生まれる。
京都大学文学部哲学科に入学、満25歳を迎える1985年、16mm映画『ギャングよ、向こうは晴れているか』を自主製作、監督する。
同学卒業後、1986年、獅子プロダクションに所属、同社や国映等でピンク映画の助監督を務め、1987年12月に公開された佐藤寿保監督、佐野和宏主演の『仮面の誘惑』でチーフ助監督を務める。
佐藤のチーフ助監督を務めたのちに、1989年、国映製作、中島小夜子主演による『課外授業 暴行』で商業映画の監督としてデビュー、同年、ピンク大賞新人監督賞を受賞する。
佐藤寿保、サトウトシキ、佐野和宏などとともに、ピンク四天王と呼ばれた。
『NONFIX』等、テレビのドキュメンタリー番組の演出も手がけている。
俳優としても、1991年の片岡修二監督の『買春スペシャル 欲望貴族』や、2006年公開の足立正生監督の『幽閉者 テロリスト』 のほか、2009年に公開された鈴木卓爾監督の『私は猫ストーカー』に出演している。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

ぜぜ-たかひさ 1960-昭和後期-平成時代の映画監督,脚本家,俳優。昭和35年5月24日生まれ。大学在学中に「ギャングよ、向こうは晴れているか」を自主制作。ピンク映画の脚本,助監督をへて,平成元年「課外授業・暴行」で商業映画監督デビュー。9年「KOKKURIこっくりさん」で一般映画に進出。23年上映時間4時間38分の長編映画「ヘヴンズストーリー」がベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞,最優秀アジア映画賞(NETPAC賞)をダブル受賞。同年同作品で芸術選奨文部科学大臣賞。同じく23年「アントキノイノチ」でモントリオール世界映画祭イノベーション賞を受賞。監督作品はほかに「雷魚」「感染列島」「ドキュメンタリー頭脳警察」など。大分県出身。京大卒。ペンネームに臼野朗,迦楼羅,甲賀三郎,南極1号など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 映画
  • 国際
  • オリジナル
  • ストーリー
  • テレビ
  • ビデオ
  • フィルモグラフィー
  • ヘヴンズ
  • ベルリン
  • 俳優
  • 演出家
  • 監督
  • 脚本家
  • 芸術
  • 選奨
  • いちごう
  • うす
  • かるら
  • きょく
  • こうがさぶろう
  • ぜぜ
  • たかひさ
  • なん
  • ろう
  • 三郎
  • 南極
  • 受賞
  • 同年
  • 批評家
  • 敬久
  • 日本
  • 瀬々
  • 甲賀
  • 筆名
  • 臼野
  • 連盟