生年月日データベース

大杉勝男おおすぎかつお

プロ野球選手[日本]

1945年 3月5日

大杉 勝男(おおすぎ かつお、1945年3月5日 - 1992年4月30日)は、岡山県勝田郡奈義町出身のプロ野球選手(内野手)。
NPBにおける通算本塁打数・通算打点数共に歴代9位(2015年シーズン終了時点)。
プロ入り前 3兄弟の次男として生まれ、4歳年上の兄に影響されて野球を始めた。
その後、兄と父を病で亡くす。
白血病で亡くした兄の「兄の姿を甲子園に再現させて下さい」という願いを叶えることと、自身も兄の出場した甲子園に憧れ、野球に本格的に打ち込むようになった。
関西高校に入学し、硬式野球部に入部。
1年でありながら真っ先にレギュラー捕手となる。
しかし経済的負担もあって軟式に転向、甲子園に出場することは叶わなかった。
卒業後は、1963年に野球部を新設し、高校の先輩である岡田悦哉が監督となった丸井に入社。
都市対抗の東京都予選などで活躍するが、創部2年目の1964年に野球部は休部する。
1965年、岡田の勧めもあり東映フライヤーズの入団テストを受ける。
テストでは力を発揮できず、球団幹部は獲得に難色を示した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

60〜70年代のプロ野球選手。 右投右打、ポジションは一塁手。背番号は51→3→51→8番。 1945年3月5日生まれ。岡山県出身。 関西高校から丸井に進むが、チームが1年で解散。 1965年、東映フライヤーズにテスト入団。張本勲に素質を見出される。 1967年、一塁手として一軍に定着。 1968年、飯島滋弥に「あの月に向かって打て」と指導され打撃開花。 6年連続30本塁打を放ち、1970年と翌1971年に二年連続で本塁打王、1970年と1972年には打点王に輝く。 打撃だけでなく、数々の武勇伝を残した好漢であった。 1975年、内田順三・小田義人?とのトレードでヤクルトスワローズに移籍。 移籍後も主砲として活躍。 1978年には4番打者としてスワローズのセ・リーグ初優勝に大きく貢献。 日本シリーズでも活躍し、MVPを獲得。*1 1982年、日本プロ野球史上初の両リーグ1000本安打を記録。 1983年、不整脈を理由に現役引退。両リーグ200本塁打に後1本及ばなかった。 引退試合での挨拶は今も語り草である。 「…思えば私の野球人生は、よき人との巡り合いに支えられ、ファンの皆様がたの温かいご声援に後押しされた 19年間だったと感謝しております。最後に、わがまま、気ままなお願いですが、あと1本と迫っておりました両リーグ 200号本塁打…。この1本を皆様の夢の中で打たせていただきますれば、これにすぐる喜びはございません」 「さりし夢 神宮の社に かすみ草」という句で終えた。 球団初の日本一に貢献、両リーグ1000本安打、球団初の2000本安打の快挙に、 1983年11月9日、背番号8はヤクルトスワローズの永久欠番となる。 し …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • タイトル
  • プロ
  • プロ野球
  • 内野手
  • 勝田郡
  • 奈義町
  • 岡山県
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 打撃
  • 打点
  • 時代
  • 本塁打
  • 現役
  • 背番号
  • 著書
  • 表彰
  • 詳細
  • 通算
  • 選手
  • 関連
  • おおすぎ
  • かつお
  • シーズン
  • 出身
  • 勝男
  • 大杉
  • 時点
  • 歴代
  • 終了