誕生日データベース

リン・マーギュリスLynn Margulis

生物学者[アメリカ]

1938年 3月5日

2011年 11月22日 死去出血性脳梗塞享年74歳
リン・マーギュリス - ウィキペディアより引用
リン・マーギュリス(Lynn Margulis, 1938年3月5日 - 2011年11月22日)は、アメリカの生物学者。
マサチューセッツ大学アマースト校地球科学部教授。
1957年にシカゴ大学から学士号、1960年にウィスコンシン大学マディソン校から修士号、1963年にカリフォルニア大学バークレー校から博士号を取得。
1967年、ボストン大学で奉職中に真核生物の細胞内共生説の核となる論文『有糸分裂する真核細胞の起源』(The Origin of Mitosing Eukaryotic Cells)を発表した。
ジェイムズ・ラブロックが提唱したガイア理論の支持者。
天文学者カール・セーガンの最初の妻で、著述家ドリオン・セーガン(Dorion Sagan, 1959年 - )、ソフトウェア開発者でセーガン・テクノロジーの創設者ジェレミー・セーガン(Jeremy Sagan)、ニューヨーク市の弁護士ザカリー・マーギュリス=オーヌマ(Zachary Margulis-Ohnuma)と教師で著述家のジェニファー・マーギュリス(Jennifer Margulis)の母である。

■ 関連書籍

「リン・マーギュリス」と関連する人物

連想語句
  • 大学
  • 共生
  • 生物
  • アマースト
  • ウィスコンシン
  • カリフォルニア
  • シカゴ
  • ダーウィニズム
  • ネオ
  • バークレー
  • ボストン
  • マサチューセッツ
  • マディソン
  • 学者
  • 批判
  • 真核
  • 細胞
  • 著書
  • 進化論
  • グリス
  • マルグリス
  • マー
  • 不正確
  • 修士
  • 分裂
  • 博士号
  • 地球
  • 奉職
  • 学士
  • 教授
  • 日本
  • 真核細胞
  • 科学
  • 論文
  • 起源