誕生日データベース

浅羽通明あさばみちあき

評論家[日本]

1959年 3月4日

浅(淺)羽 通明(あさば みちあき、1959年3月4日 - )は日本の評論家。
みえない大学本舗主宰。
元早稲田大学非常勤講師。
旧筆名は、村上道紀、みげる阿娑縛、きねずみあん。
神奈川県横須賀市生まれ。
1974年、神奈川県立横須賀高等学校入学。
同学年に後の評論家、東雅夫がおり、相互に影響を受ける。
当時の浅羽はSFファンで、SF同人誌を発行していた。
1977年、早稲田大学法学部入学。
1979年、やはり早稲田に進学していた東雅夫が入会していた「幻想文学会」に、正式メンバーではなかったが、しばしば顔を出すようになる。
倉阪鬼一郎ともこのころに知り合う。
また堀切直人の面識を得る。
そのうち、「幻想文学会」の別部門、レクチャー兼アジテーションを主な活動とするオカルト・異端思想についての会、「愛と憧憬の会」を主催するようになる。
1981年早稲田大学法学部卒業。
1982年司法試験に合格するが、司法修習生時代に「自分には合わない」との理由でドロップアウトする。
学生時代から「乱調社(のちに『みえない大学本舗』)」をなのり、呉智英、荒俣宏、笠井潔などを招いての連続講演会「叛近代の贈り物」「大江戸ポストモダンの彼方に」等を企画するようになる。

■ 関連書籍

評論家。 1959年生まれ。横須賀出身。横須賀高校では、東雅夫と同学年で、SF同人誌を発行していた。早稲田大学法学部卒で、在学時は、東が属していた「幻想文学会」にも出入りしており、倉阪鬼一郎ともそこで知り合う。 著者に『ニセ学生マニュアル』『逆襲版ニセ学生マニュアル』『ニセ学生マニュアル死闘篇』、『思想家志願』『大学で何を学ぶか』『教養論ノート』(幻冬舎)、『野望としての教養』(共同通信)、『澁澤龍彦の時代』(青弓社)他。 最初の『ニセ学生マニュアル』では、学位や立身出世を目的とせぬ純粋教養読書人としての「知のおたく」というスタイルを積極的に煽っていたが、翌年の『逆襲版』以降、「知のおたく」がおたくなりの倫理を持つことを説いている。 小林よしのり『ゴーマニズム宣言』の初期において、呉智英らと共にブレーン的に関わったこともあり、小林よしのりとの共著に『知のハルマゲドン』(幻冬舎)がある他、『脱正義論』(幻冬舎)にも中心的に参加している。 呉智英の論語講座である私塾「以費塾」をプロデュース(2006年に終了)。 またニュースレター「流行神」を長年発行している。 その一部を本にまとめた「選集」が2007年、幻冬舎『天皇・反戦・日本―浅羽通明同時代論集治国平天下篇』として、刊行された。 アナーキズム―名著でたどる日本思想入門 (ちくま新書) ナショナリズム―名著でたどる日本思想入門 (ちくま新書) 教養としてのロースクール小論文 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 東雅夫
  • 倉阪鬼一郎
  • 入学
  • 共編
  • 堀切
  • 大学
  • 学位
  • 学校
  • 早稲田大学
  • 本舗
  • 横須賀
  • 横須賀市
  • 法学部
  • 県立
  • 神奈川
  • 神奈川県
  • 著書
  • 講師
  • 関連
  • 非常勤
  • 高等
  • あん
  • きねずみ
  • ころ
  • みげる
  • ファン
  • ペンネーム
  • メンバー
  • 入会
  • 同人
  • 同学年
  • 学士
  • 幻想文学
  • 当時
  • 影響
  • 早稲田
  • 村上
  • 正式
  • 法学
  • 法学士
  • 浅羽
  • 発行
  • 直人
  • 相互
  • 筆名
  • 評論家
  • 進学
  • 道紀