誕生日データベース

レロン・リーLeron Lee

プロ野球選手[アメリカ]

1948年 3月4日

レロン・リー(Leron Lee , 1948年3月4日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の元プロ野球選手(外野手)。
日本プロ野球のロッテオリオンズにも在籍した。
同時期に活躍したレオン・リーは実弟。
甥(レオンの息子)はプロ野球選手のデレク・リー。
来歴・人物 グランドユニオン高校を経て、1966年にセントルイス・カージナルスと契約。
1969年にメジャー初昇格。
打撃は平凡、守備もあまり上手くないとあって出番は少なく、サンディエゴ・パドレス、クリーブランド・インディアンス、ロサンゼルス・ドジャースとチームを転々とする。
メジャー時代の自己最高は、パドレスに在籍していた1972年の打率.300、本塁打12本、打点47。
活躍の場を求め、1977年にロッテオリオンズに入団(以前ロッテに在籍していたジム・ラフィーバーの仲介による)。
来日1年目から活躍し、本塁打王と打点王の二冠に輝く。
翌1978年には弟のレオン・リーを呼び、有藤道世、落合博満らと強力クリーンアップを形成した。
1987年シーズン限りで退団し、帰国。
リーは指導者、あるいは解説者として日本に残ることを希望したが、どこからも誘いがなかったという。

■ 映像作品

Leron Lee 70〜80年代のMLB・プロ野球選手。 右投右打、ポジションは外野手。背番号は5番。 1948年3月4日生まれ。米国カリフォルニア州出身。 グランドユニオン高校から1966年、ドラフト7位でセントルイス・カージナルスに入団。 1969年、メジャー昇格。 1971年、サンディエゴ・パドレスに移籍。 1974年、クリーブランド・インディアンズに移籍。 1975年、ロサンゼルス・ドジャースに移籍。 1977年、来日しロッテオリオンズに入団。 1年目より34本塁打、109打点で本塁打王と打点王の二冠を獲得。半期優勝に貢献。 1978年、弟のレオン・リーを呼び、兄弟で打撃陣を形成した。 3番打者として活躍。1980年、打率.358で首位打者を獲得。同年、1981年の2年連続半期優勝に貢献した。 その後も指名打者として定着。 1987年、現役引退。 生涯打率.320は日本プロ野球界通算打率1位。*1 オリオンズ史上最高の外国人選手に数えられる。 弟はレオン・リー。甥はデレク・リー。 *1:4000打数以上。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • リー
  • 関連
  • プロ野球
  • レオン
  • 選手
  • アメリカ
  • カリフォルニア州
  • タイトル
  • デレク
  • 合衆国
  • 国際
  • 外野手
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 音声記号
  • レロン
  • 出身
  • 実弟
  • 息子
  • 時期
  • 活躍