生年月日データベース

藤原新也ふじわらしんや

写真家[日本]

1944年 3月4日 生 (満74歳)

藤原 新也(ふじわら しんや、1944年3月4日 - )は、日本の作家・写真家である。
福岡県門司市(現:北九州市門司区)の門司港地区生まれ。
生家は旅館を営んでいた。
東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻中退。
インド、東京、アメリカなどを対象に、写真とエッセイを組み合わせた作品を発表。
1972年の処女作『印度放浪』は青年のインド放浪記として、当時の青年層に大きな影響を与えた。
1977年、『逍遙游記』で第3回木村伊兵衛写真賞。
1981年に発表した『全東洋街道』で第23回毎日芸術賞を受賞した。
1983年に発表した『東京漂流』は、大宅壮一ノンフィクション賞及び日本ノンフィクション賞に推挙されたが、本人の意思により辞退となった。
ガーデニング雑誌「BISES(ビズ)」に、写真付きのエッセイを長期連載した。
かねて「小中学生のインターネット・携帯電話は、法で禁止すべき」との立場を取っていたが、現在では「時代の流れであり、やむを得ない」との立場を取っている。

■ 関連書籍

エッセイスト、写真家、1944年生まれ 出身地 福岡県門司市 関連語  (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 東京
  • 写真
  • インド
  • 作品
  • 発表
  • アメリカ
  • エッセイ
  • 北九州市
  • 大学
  • 旅館
  • 木村伊兵衛
  • 毎日
  • 漂流
  • 福岡県
  • 芸術
  • 藝術
  • 門司
  • 門司区
  • 中退
  • 処女作
  • 北九州
  • 印度
  • 受賞
  • 合衆国
  • 地区
  • 学部
  • 対象
  • 専攻
  • 当時
  • 影響
  • 放浪
  • 放浪記
  • 東洋
  • 油画
  • 生家
  • 絵画
  • 美術
  • 街道
  • 逍遙
  • 門司港
  • 青年
  • 青年層