生年月日データベース

小沢一郎おざわいちろう

政治屋[日本]

1942年 5月24日

小沢一郎 - ウィキペディアより引用

小沢 一郎(おざわ いちろう、1942年〈昭和17年〉5月24日 - )は、日本の政治家。
衆議院議員(16期)、生活の党と山本太郎となかまたち共同代表。
自治大臣(第34代)、国家公安委員会委員長(第44代)、自由民主党幹事長(第26代)、新生党代表幹事(初代)、新進党党首(第2代)、自由党党首(初代)、民主党代表代行、民主党代表(第6代)、民主党幹事長(第9代)、国民の生活が第一代表(初代)などを歴任。
生い立ち 岩手県人の弁護士・政治家小沢佐重喜の長男として東京府東京市下谷区(現在の東京都台東区)御徒町に生まれた。
父・佐重喜は当時東京府議会議員をしていた。
母・みちは元千葉県議会議員荒木儀助の四女である。
父は44歳、母は42歳と、両親が高齢になってから生まれたため、まるで“孫みたいな”子供だったという。
本籍地は岩手県奥州市水沢区(旧水沢市)袋町。
3歳になる頃、東京大空襲を逃れるため、小沢家は佐重喜の生まれ故郷の水沢に疎開した。
学生時代 水沢市立水沢小学校(現在の奥州市立水沢小学校)を経て、水沢市立常盤中学校(現在の奥州市立東水沢中学校)の2年生を修了後、東京の文京区立第六中学校に転校する。

■ 映像作品

■ 関連書籍

おざわいちろう [生]1942.5.24.岩手政治家。1967年慶應義塾大学経済学部卒業後,日本大学大学院に進むが,在学中の1969年,亡父佐重喜(元建設大臣)のあとを継ぎ,27歳で衆議院議員に初当選。田中政権発足時には,1年生議員ながら力をふるい,田中角栄の"秘蔵っ子"といわれる。創政会結成に参画,以降竹下政権づくりに尽力。政調副会長,総務局長,衆議院運営委員長,国家公安委員長,自治大臣を経て,1987年竹下内閣の副官房長官,1989年自由民主党幹事長に就任。1991年の東京都知事選挙敗北の責任をとって幹事長を辞任。1992年竹下派分裂に伴って,羽田孜とともに羽田派を結成。1993年衆議院解散を機に自民党を離党,新生党結成に参加,代表幹事となり,総選挙後,反自民の力を結集し細川護煕(日本新党党首)を擁立し55年体制に幕をおろす。社会党,新党さきがけと袂を分かち野に下るが公明党,民社党,新生党などが大同団結し,1994年新進党となり,1995年党首選挙で羽田に圧勝する。しかし,細川,羽田などの有力議員が次々と離党し1997年末をもって解散。1998年1月新たに自由党を旗揚げし,党首に就任した。2003年自由党と民主党が合併,民主党に合流した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 疑問
  • 信頼性
  • 日本
  • 正確性
  • ウェブ
  • テレビ
  • 出典
  • 各種
  • 問題
  • 場合
  • 媒体
  • 提出
  • 番組
  • 精度
  • 紙媒体
  • 紹介
  • 資料
  • 除去