誕生日データベース

ジョージ・ガモフGeorge Gamow

物理学者[ソ連→アメリカ]

1904年 3月4日

ジョージ・ガモフ - ウィキペディアより引用

ジョージ・ガモフ(George Gamow, Джордж Гамов, Георгий Антонович Гамов, ゲオルギー・アントノヴィッチ・ガモフ, 1904年3月4日 - 1968年8月19日)は、ロシア帝国領オデッサ(現在はウクライナ領)生まれのアメリカの理論物理学者。
アレクサンドル・フリードマンの弟子。
生涯・業績 1928年、レニングラード大学を卒業後、ケンブリッジ大学へ移籍。
1934年、ジョージ・ワシントン大学教授に就任。
のちコロラド大学に移る。
1928年に、放射性原子核のアルファ崩壊に初めて量子論を応用し、それが原子核の周りのポテンシャル壁を アルファ粒子がトンネル効果で透過する現象であるとの理論をたてて、それまで実験的に知られていたガイガー・ヌッタルの法則を導いた。
また1948年に、ラルフ・アルファー、ハンス・ベーテとの共同論文で、宇宙の核反応段階に関する理論、いわゆる「アルファ・ベータ・ガンマ理論(α-β-γ理論)」を発表した。

■ 関連書籍

連想語句
  • 大学
  • 業績
  • 生涯
  • ガモフ
  • アメリカ
  • アレクサンドル
  • ウクライナ
  • オデッサ
  • ケンブリッジ
  • コレクション
  • コロラド
  • ジョージ
  • フリードマン
  • リスト
  • レニングラード
  • ロシア
  • ワシントン
  • 全集
  • 学者
  • 帝国
  • 物理
  • 理論
  • 著作
  • 卒業
  • 合衆国
  • 就任
  • 弟子
  • 教授
  • 現在
  • 移籍